読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情化する社会/大塚英志 著

 

感情化する社会

感情化する社会

 

 文芸批評のような本で、端的に言えばつまらなかった。

文芸を通して社会を見ることを否定はしないが、現代には社会の構成員である普通の人々が書いた文章がインターネットにはごまんとあるのだから、それらを収集して分析した方が社会や世相を映すのではないだろうか。でもまあ人力では無理ですかね。人工知能に期待します。

保存

極私的2016ベスト

年末なので今年のベストを

■映画
インサイド・ヘッド

augtodec.hatenablog.comいきなり2015年公開作品でビデオ鑑賞なんですけど、これを挙げずして2016は語れない。もうボロ泣き。落涙。嗚咽。泣き過ぎて最期の方はしゃっくり。それぐらいの涙。ピクサー最高傑作と断言していいと思う。
だって最高なんですもん。心理学的な内容を子供向けの冒険譚に仕上げて、それでいて大人も泣かせるという手腕に敬服して土下座しない人はいないと思う。今年のアニメでは『この世界の片隅に』がもの凄く良かったけど、それでもこれをベストに入れずにはいられない。
以来おもちゃ屋さんでフィギュアのコーナーがあるとインサイド・ヘッドのフィギュアがないか隈なく探していますが全然ない。なんかアニメっぽいやつしかない。フィギュア業界は心を入れ替えてインサイド・ヘッドのフィギュアを大量生産して欲しい。ヨロコビのフィギュアが欲しい。

次点
シン・ゴジラ

augtodec.hatenablog.com映画館で観た映画も。この映画って一切人情話がでてこないんですよね。ただただ冷徹に状況を判断してそれを実行するという愚直な仕事の様を描いている。仕事を描いた物語でも人間関係だとかちょっとした恋とかすぐ描きたがる映画が多い中でストレートなお仕事映画でした。仕事ってのは情や人間関係で判断が鈍ったらいかんよ。


■読書
ポル・ポト ある悪夢の歴史』

augtodec.hatenablog.com素晴らしかったです。寝て読んでたら腕が疲れるくらいの分厚い本でしたが夢中になって読みました。
キチガイの話って面白いじゃないですか。連続殺人鬼とか。偉人とか天才とかの生涯が伝記や物語になるのもあの人たちは常人の考える常識の枠に収まらないという意味で基本的にキチガイだと思うんですよね。だから面白い。良い功績があるからチャラにされてるけど基本的にはキチガイだと思います。
ポル・ポトっていうのは完全に負の方向にふりきったキチガイで、尚且つ一人で狂ってたわけじゃなくて国を動かすほどの人間が狂っていたということで、人類史に残るキチガイなのです。アドルフに並ぶ狂いっぷりだと思う。いかつい本でした。

次点
日本会議の研究』

augtodec.hatenablog.comベストセラーにもなった本書ですが、刊行以降は日本会議のことってマスコミでも随分取り上げられてますよね。その口火を切ったという意味でとても重要だと思うし、現在の政権の右傾化の深淵を暴くという意味でも大きな功績があった書籍だと思います。

 

■音楽
INCAPACITANTS@難波ベアーズ

augtodec.hatenablog.comノイズの教科書INCAPACITANTSのワンマンライブ。いやー、もう凄かったもの。耳がおかしくなったもの。突発性難聴になったもの。ほんとあの迫力って何なんですかね。たかが音ですよ。それもメロディーもリズムもないノイズ。ギャーとかビーとかいってるだけですよ。でも圧倒的なパッションを感じる。激情の塊。感情の嵐。凄すぎました。最高です。言葉になんかできないです。

次点
SHISHAMO3

augtodec.hatenablog.com3ピース・ガールズロックバンド、SHISHAMOのアルバム。地味に何回も聴いてます。こういうのが好きだって言うのちょっと恥ずかしいけど好きなものは仕方ない。

***

映画も本も音楽も量をこなせていないのです。ベストを選出する資格はないくらい。やっぱ経済的に困窮しているのがいかんです。来年はもう少し良い年にしたい

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

2016年、米国、ギャレス・エドワーズ監督
帝国軍の究極兵器、デス・スターの開発者を父に持つ女性は反乱軍に雇われデス・スターの設計図を盗み出す任務に挑む。

www.youtube.com

第一作『スター・ウォーズ』の前日譚となるお話で、本編の物語とは違う登場人物たちが活躍する作品です。とはいえエピソード4との整合性には気を使っている作りになっています。
アニメでは派生作品はあるようですが、実写映画による外伝物は初ということで期待して観ました。

色々つっこみ所はあったけれど基本的に面白かったです。スペースオペラなので細かいこと言ってもしょうがないから。
スターウォーズの魅力って、驚きのビジュアルにあると思うんです。初期3部作で作り上げた設定と世界観があって、その世界を視覚化して見せてくれるという魅力がある。
第一作から暫くはCGのない時代の作品で、その驚くべき視覚体験が素晴らしかったし、特殊撮影がどうなってるのかという驚きがあった。続くep1~3はCGでどれくらい凄い世界を見せてくれるのかという期待もありました。
CGでの技術が発達して普及した結果、その技術自体に驚くことは無くなったわけで、だったらどうするかというと映画的に盛り上がる映像を創り出さないといけない。本作はその辺りに挑戦してる感じがします。砂漠の中の町とその真上に浮かぶ巨大宇宙船や市街戦で歩行する兵器が襲ってくる場面、南国のような惑星で繰り広げられる戦闘機同士のドッグ・ファイト、巨大宇宙船をタグボートのような小さな宇宙船で押してぶつけてしまうギミックなど映像としてとても楽しめる場面が多かったです。SF映画の楽しさという点では申し分ないのじゃないでしょうか。

登場人物たちも完全な善といった感じではなく陰のある設定になっていて、その辺りも好感です。矛盾のない潔癖な人間っていないから。

C3POR2D2がちょこっと出たり、他にも見覚えのあるキャラクターが登場するのはファンには楽しいのじゃないでしょうか。ただ、これは全く無しでも良かったのじゃないかという気がします。それが分からなくても楽しめるので良いんだけど、もう全くの外伝物として作り上げても良かったとも思う。とはいえep4の前日譚という設定なのでその辺りは逃れられないものでもあると思います。

本作の製作がアナウンスされてから、それってどうなのよ、みたいな気はあったんです。スター・ウォーズのシリーズはその設定を使えば幾らでも面白いものは作れるだろうけど、あんまりそういうことするとシリーズ自体が軽くなってしまわないかなと。でも本作を観てちょっと考え方が変わりました。面白いんだからどんどんやればいいんじゃないでしょうか。もう全く関係ない別の場所での別の登場人物のお話なんかもやればいいと思う。

まあ、でも、本作はダーズベイダーがいかに格好良いかということを示す作品だと思います。それに尽きる。