山椒魚/井伏鱒二 著

井伏鱒二の短編集

 
沢山の文学家や作家の著した文章についての書籍を読んでいたら、井伏鱒二の書く文章は名文である、というようなことがあちこちに出てくる。様々な、それも文章を紡ぐのに練達した作家たちがそれほどまでに褒めそやすのならばちゃんと読んでみなければ、そう思って新潮文庫を手にとった。

 

感想としては、収録されている『言葉について』という一遍に少しの驚きを持った。その感想とは、これはつげ義春ではないか、というもの。

 

『言葉について』という短編を少し紹介すると、日本海の××島に旅行で訪れた主人公が出会った少女の話になる。彼女は、容姿は可憐であるが、言葉が内地の人間からすればとてもぶっきらぼうでバランスを欠いた感じがある。彼女は小さな宿屋で働いており、客があるときは学校にも行かずに仕事をこなしているが、それでも宿題や課題などはあり苦心している。また、そんな彼女を不当に扱う男子が学校にはいるらしい。そんな話のあちこちに旅情とめぐまれない境遇の寂しさや、それに気付いていない少女の無垢が感じられて、得も言われない情感がある。でもこれを読んだときに思ったのは、つげ義春の『紅い花』ではないか、というのが感想だった。

 

つげ義春の『紅い花』は、渓谷に訪れた旅客である主人公が粗末な茶屋を営む少女のキクチ・サヨコと出会い、彼女にいけずをする男子の紹介で釣行をするという話になる。

井伏の作品とつげの作品には登場人物の類似点があり、どちらも少女は容姿に似合わぬ言葉遣いをし、彼女にいじわるをする同級の男子がいる。そしてどちらも主人公は旅客である。

 

似ている、と言ってしまえばそれだけだけれど、以前にどの本だったかで、つげ義春井伏鱒二の小説を好んで読んでいるということを読んだことがある。だから井伏のこの短編を読んで、その枠組みを借りて別の物語を紡いだということなのだろう。『紅い花』は少女の身体的な成長(成熟)みたいなことが描かれているけれど、井伏作品にそれは皆無なのだから。

 

村上春樹の熱心な読者ではないのだけれど、氏の『カンガルー日和』というものを読んだ時にとても面白かったのを思い出した。ごく短い短編が収められている短編集なのだけれど、それこそ物語の端緒といったものしか書かれていない。小説のアイデアだけが収められているような短編集で、これを膨らませれば面白いお話がひとつできるだろうに、と妄想した。要は書かれていない続きが頭の中で渦巻いた。

つげ義春も井伏の作品に触発されて続きを描いたのだろう。そういうことってあると思う。

 

ネットで検索すると井伏作品とつげ作品の類似に気付いた人が何人もいるみたい。そういうことが知られるだけでもインターネットの恩恵はあると思う。

 

文章の巧拙についてはよく分からない。たぶん井伏鱒二という人は魅力的な人なのだろう。会って話をすると多くの人がそう思ってしまうような。言葉によって人格が滲み出すのだから、よい言葉を紡ぐにはよい人であるのが最善なのだと思う。

 

大日本帝国の銀河 1&2

第二次世界大戦前夜、ナチスドイツはヨーロッパを席巻し、日本軍は中国大陸に侵攻する。そんな時代に当時の技術力では現実化しない戦闘機でオリオン星からやってきたと言う異人が飛来する。米英、ソ連の参戦といった大戦への危機と国際情勢の駆け引きと共に大日本帝国は異星人とのファーストコンタクトに接する。

 

 

第二次世界大戦前夜、ナチスドイツはヨーロッパを席巻し、日本軍は中国大陸に侵攻する。そんな時代に当時の技術力では現実化しない戦闘機でオリオン星からやってきたと言う異人が飛来する。米英、ソ連の参戦といった大戦への危機と国際情勢の駆け引きと共に大日本帝国は異星人とのファーストコンタクトに接する。



めちゃ面白い。面白過ぎ。この先どうなるのかが気になって眠れない。眠れるけど夢にでてくる。とにかく面白い。

 

SFのジャンルで言えば異星人との初接触というファーストコンタクト物だと思いますが、その時代がね。だって大日本帝国ですから。民主的な日本じゃないですから。ぎゅうぎゅうの全体主義国家の時代だから。

 

過去のある時代に異星人が来訪してファーストコンタクトが起こるという形式で言えば、マイケル・フリンの『異星人の郷』ってのがありました。中世ヨーロッパに宇宙人がやってくるというお話だったと思うけど、あれも凄い面白かった覚えがある。

なんというか、第二次大戦の前と後というのは時代が全く違うのですよね。戦前というのはロマンがある。ロマンではなくて浪漫。国家の体制も違うし、市井の文化も違う。断絶というか。はっきりと線引きされるような時代の違いがある。だから浪漫を感じるのですよね。現代のような何もかも便利な時代ではない場所で行われる人々の行動に憧憬みたいのものがあるのですよ。テレビもスマホもインターネットもジェット機もない時代に異星人が現れるなんて浪漫以外になんと言えばいいの?

 

まだ2巻までしかでてないし、何巻で完結するのか分からないけれど続きが気になってしょうがない。でもこれは何某かの小説を読んで思うような結末が優れているから面白いとかそういうことではないんですよね。その経過が十二分に楽しい。久々に結末が決まっていない小説を読んで続きを楽しみにするということにはまっっている。小説でもなんでも、その楽しみは、結末ではなくてその過程なのだということを味わってる。続きが気になる。

調子悪くてあたりまえ 近田春夫自伝

楽家、音楽評論家として著名な近田春夫氏の自伝。

 

面白い。日本の大衆音楽の世界を渡り歩いて来た人の自伝だから、その業界の変遷を辿る内容でもあって無闇に面白い。

近田春夫自身が筆をとったというものではなく、構成者の下井草秀氏との対談というか聞き取りによるものを語りおろしたような内容になっている。
GSの時代からロッカーでCM音楽も沢山作って、日本のHIPHOPのパイオニアになった後に今はテクノをやっているらしい。こんなにジャンルを横断して生き残っている人って珍しいと思うのだけれど、そういうのって人としてのエネルギーがそうさせるんだろうなと思う。読んでいると兎に角遊び好きな様子が伺えるし、そして良い意味での軽やかさがある。でも週刊誌に連載していた『考えるヒット』みたいなのは豊富な音楽の実践経験と知識があるからこそ書けるものだろうし、奥が深い。ものすごく奉られて尊敬されて良い人だと思うけれど、そういうのも嫌いみたいで、そんな偉そうにしない人柄みたいなものも透けて見えるのが流石だなと思う。やっぱり何事かを成している人は苦労話を湿っぽく語らないのだよなと思う。

www.youtube.com