来福の家/温又柔 著

台湾生まれ、日本育ちの主人公は、三つの母語の狭間で格闘する――。すばる文学賞佳作受賞の鮮烈なデビュー作「好去好来歌」を収録。

 

『好去好来歌』と『来福の家』、2篇の小説が収録されている。
何れも、国籍は台湾であるが親に連れられて日本に来て、日本で育った若い女性が主人公の物語になっている。
そこで描かれるのは、日本語、台湾語、中国語という言葉のこと。そして、その言葉によって自身の名前の読み方が変わることから、そのことによる不思議な感覚が描かれている。他にも、国籍のことなど。

そのどれにも自分に同じような体験はない。だから共感はない。日本で生まれて日本で育って日本語を喋っている自分は、疑問にも思わないで暮らしてきたから。
著者は、この2篇の小説の主人公と同じように台湾で生まれて三歳で日本にやってきて暮らしてきた方のよう。著者紹介によると大学も日本の大学を出ておられる。だから、この小説の主人公のような境遇だとこんなことを思い考え悩み違和感をおぼえるのか、という風に読み進めた。
共感はない、と書いたけれどそれが悪いとも思わない。共感だけが小説を読む楽しみだったり価値だったりするわけではないから。自分とは違う生い立ちの人がどんな風に考えるのかを知ることになるから。同じ時代を過ごして同じ世界を見ていても違って見える人がいることを知るのは悪くない。というか、その程度のことは大人なら分かっているべきだとも思うが「私がこう思うのだから他の人もそう思うに違いない」という揺るぎなき信念を持っている人の方が自分としては少し不思議な気がする。

名前ということで言えば、男より女の方がそのことを考えてしまうのだろうなということにも思い至る。結婚して姓が変わるのは現代日本では女の方が圧倒的に多いのから。そして台湾では(中国では?)妻は夫の姓を名乗らないということもこの小説を読んで知った。夫婦別姓といった現代日本でのことにも繋がっていると思う。

著者の名前が「おん ようじゅう」だということも知った。ずっと「おん またじゅう」さんだと思っていた。

反逆の神話 「反体制」は金になる/ジョセフ・ヒース&アンドルー・ポター著

「差異」への欲求こそが、資本主義を加速させる。カウンターカルチャーの欺瞞を暴いた名著。

 

 

副題の『「反体制」は金になる』というのは、例えば第六章の「制服と画一性」で、学校の制服についてこのように語られている。

服装が言論と同様に表現の一形態だとするなら、多少は自由であるべきだ、そして言ったり聞いたりしていいことを制限するのは考えていいことを制限する一法とみなされることが多いから、着るものの制限は、着る人のありようを制限することになると思われる。こうした考え方が、僕らの社会にはびこる制服への敵意の動機となっている。その主張はシンプルだ。服装の画一化は必ずや知性の画一化につながる、ということ。他者から与えられた服装の指図に従う人であれば、外部から規定された自分のあり方にも従うだろう。

P283

反権力、反体制を志向する人々は制服というものを毛嫌いする。それは画一的で没個性的だという理由から。人間は自由に個性的に生きるべきだと考えている彼らは、だから制服を撤廃しようとする。誰もが自由に自分の気に入った服を着る権利があると主張する。そして北米の多くの公立学校では制服が撤廃されている状況であるらしい。

ところがベビーブーマーの子供が高校に行きだす90年代に、奇妙な事が起こった。

(中略)

アメリカ初のベビーブーム世代の大統領、ビル・クリントンは、学校制服への指示を公式に表明し、一般教書でも言及した。

制服の廃止に伴う問題は、規律の崩壊よりむしろ消費主義の蔓延であることが明らかになってきた。ティーンエイジャーのブランド意識とか衣服、スニーカーへのこだわりについて巷間聞かれることは、どこからきているのか?一つ確かなのは、制服を着ていれば服装のせいで殺されることはないということだ。クリントンはこう述べた。

「子どもたちが有名デザイナーのジャケットをめぐって殺し合いをするのを防止できるならば、公立学校でも制服着用を呼びかけるべきだ」

P284

学校での制服着用が撤廃されたことで何が起こったかというと、生徒たちがお洒落やクールを競いあう状況が発生した。それをクリントンは「有名デザイナーのジャケットをめぐって殺し合いをする」と表現している。

カウンターカルチャーを信奉する者たちは概ね消費文化を否定するが、彼らの主張通りに制服を撤廃したことによって、学生たちは高価なブランド物やクールな流行を追うといった、消費を大いに活発化させる行動に出たということを描き出している。本書にはこのような事例が沢山でてきて、これが『「反体制」は金になる』ということになる。

 

確かに著者の主張は正しい。様々な過去の思想家の言葉や考え方を提示してそれを補強する様も丹念で、反論する気はない。参考になったし感心したし、今後は多少影響もされるだろう。

しかし、そこで描かれるカウンターカルチャーを信奉する人々は、そんな人いるの?とも思わせる。

著者らが批判するカウンターカルチャーの人々というのは、制服を嫌い自由な服装でいられることを求め、流行に敏感でセンスが良く、西洋よりも東洋に真実があると信じ、機械文明を否定し、環境活動に熱心で、有機野菜の食事を摂り、消費を悪だと断罪し、西洋医学よりも代替医療が有効だと信じ、国家はいつも抑圧的だと反抗し、麻薬が精神と社会を解放すると信じ、反体制の証として自ら法を犯し、無政府主義者で、資本主義を否定する。そんな人達。

こんな人がいるのだろうか。そのどれかなら居そうだけれど。自分の周りにいないからといって「そんな人はいない」と断じるのは幼稚な態度だから疑問に思う程度に留めておくけれど、北米ではこういう人が沢山いるのだろうか。藁人形ではないのだろうか。

この本を読んでいるとカウンターカルチャーの側に立つ人が北米では多く(印象的には多数派)であり、政治や文化に大きな影響を持っているという風に受け取れる。
それは音楽を記述したこんな文章にも表れていて、第五章『極端な反逆』では、サブカルチャーを好む人達が常に新奇なものを追い求め、それが十二分に流行した頃にはダサくなっていることから、新奇なものを消費し続けていて、消費を否定する彼らが消費のサイクルにのっていることを明かすけれど

問題は模倣者が離脱しだすころには、たいがいもっともな理由があるということだ。音楽を例にとると、誰もがすごい「アンダーグラウンド」バンドを聴きたいと思う。

らしい。そんな人は周りにいない。周囲にいないからこの世に存在しないというのは合理的な物言いではないから、それは取り下げるとしても、少なくとも本邦ではこんな現象は見られない。日本のヒットチャートを見ればそうとしか思えない。「すごいアンダーグラウンドのバンド」を追い求めて聴いている人なんて音楽ファンのほんの一部でしかないと思う。

そんな風に細かいツッコミは入るとしても、全体の要旨というのは納得する。雑にまとめると、カウンターカルチャーが提唱するものはファンタジーで、この世界を変える現実的な方策を緻密に根気よく形作っていくことをさぼってきた、ということだろう。

それは日本の野党が批判される形にも似ている。現実的な政策は現与党を担う政党にしか任せられないという風に言われたりするから。同じことだと思う。

『「反体制」は金になる』の対義は、『「権力側」は金になる』とでも言えそうだけれど、それもそこここに見られる光景で、与党を無理筋の理屈で擁護したり、無駄に野党を貶めたりすることでテレビやラジオの居場所を確保している人って幾らでもいる。
ネトウヨが見るサイトや動画には多くの広告が貼り付けられていて、収益が目的であることも窺える。
書店に並ぶ差別主義者と紙一重の書籍も、出版界の吟侍から言えば恥ずべきものだろうけれど、そんなことしてでも金儲けがしたいってことでしょう?そしてそんなものが一定の読者を惹きつけることを知っているからそんな情けない商売に手を出すんじゃないんだろうか。本気でそのような思想を広めたいと思っている人もいるだろうけれど。

本書に書かれていることは間違っていないと思えるし『「反体制」は金になる』という状況があるのも事実だと思う。でも『「権力側」は金になる』という本は書店に見当たらないけれど、それも本当だと思うんですよね。

教育と愛国

2022年、日本、斉加尚代 監督作。

近年の政治が教育に介入する様を丹念に取材して記録したドキュメンタリー映画

www.youtube.com

 

映画の冒頭はクイズで始まる。

礼儀正しい挨拶は次の内どれでしょうか?

①「おはようございます」といいながらおじぎをする。

②「おはようございます」といったあとでおじぎをする。

③おじぎのあと「おはようございます」という。

小学校2年生の道徳の教科書からの抜粋。正解とされるのは②らしい。

これを見てどう思うだろうか。最初の感想は「どれでもいいやん」だった。それと、不文律であるものを明文化してしまう危うさ。マナー講師と呼ばれる人たちへの小さな嫌悪感も思い出される。

次に提示されるのはこんなエピソード。

道徳の教科書にあった、子供が地元のパン屋さんで買い物をして自分の町に愛着を持つと、いう逸話が教科書検定によってパン屋が和菓子屋に変更された。「伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度」に照らして扱いが不適切、とされたらしい。

パンというのは1543年に西洋から日本に入ってきたらしい。

山崎製パン | 知る・楽しむ | パンの歴史館 | 3 鉄砲とともに日本へやってきたパン

16世紀からあるものを日本の文化でないとして「国や郷土を愛する態度」にそぐわないとし、つまりは愛国的でないとするならば、自称愛国者は自動車に乗るな。ガソリン自動車の誕生は19世紀だぞ。電車にも乗るなよ。スマートフォンなんて最近だぞ。使うな。愛国的でないからな。お前たちの理屈で言えばそうなるのだから。

あいさつのクイズもパン屋のエピソードも、どちらも笑い話で済みそうなことではある。くだらない。でも、そのくだらないことからじわじわと浸食が始まっている。

 

従軍慰安婦南京虐殺といった日本の加害の歴史を子どもたちにどう教えるのか、沖縄での集団自決をどんな風に伝えるのか、そういった事柄を教科書にどう載せるのかといった攻防が教科書を舞台に繰り広げられる、というか、政治が教育に介入する様がこの映画では描かれている。

歴史修正主義というものの話でもあるけれど、東大の歴史学者である伊藤隆氏のインタビューは恐ろしい。彼は、安倍晋三も推す育鵬社の教科書の執筆者で、日本の加害の歴史は抹殺してしまいという側に立っている。第一次安倍内閣によって教育基本法が改正され「愛国心」が盛り込まれたのも記憶に新しい。村上氏は、確かな実績を持つ学者の方ではあるが、こんなインタビューがあったので、少し引用する。

 

ー  育鵬社の教科書が目指すものは何になるわけですか?

伊藤「ちゃんとした日本人を作るっていうことでしょうね」

ー  ちゃんとしたというのは?

伊藤 「左翼ではない。昔からの伝統を引き継いできた日本人、それを後に引き継いでいく日本人。今の政府のかなりの部分は左翼だと思いますけども。反日と言ってもいいかもしれませんね」

ー  歴史教育にいちばんに求められるものは?

伊藤「そうですね、イデオロギーに災いされない、ありのままの日本の姿を歴史的にですよ。日本の姿を僕は歴史学者ですから後世に伝えていくことだし、それは国民に教育されてるべきことだと思ってます」

ー 歴史から何を学ぶべきですか?

伊藤「学ぶ必要はないです」

ー それはかみ砕いて言っていただくと?

伊藤「たとえば、何を学ぶんですか…。あなたの仰っている学ぶって」

ー たとえば、日本がなぜ戦争に負けたか?

伊藤「それは弱かったからでしょう」

 

現代の保守や新保守、くだけた言葉で言うならばネトウヨ、そのような人たちに共通して見られるのは支離滅裂だと思う。言動に辻褄が合っていない。伊藤隆のような立派な学者をネトウヨ扱いするのは気が引けるけれど、でもこのインタビューひとつとっても滅茶苦茶な感がある。

ちゃんとした日本人とは左翼でないと言う。

文部科学省のHP、『教育委員会制度について』では「教育委員会制度の意義/政治的中立性の確保」として

個人の精神的な価値の形成を目指して行われる教育においては、その内容は、中立公正であることは極めて重要。
 このため、教育行政の執行に当たっても、個人的な価値判断や特定の党派的影響力から中立性を確保することが必要。

教育委員会制度について:文部科学省

としている。政治的中立性を根幹から理解していない人間が教科書を執筆しているこの矛盾。

歴史から学ぶ必要はない、とも言う。

だったら歴史教科書に何を載せるのかといった闘いは不要ではないだろうか。彼の主張を源に行動すべきだとしたら、歴史という科目を教育から除外する運動を起こすべきではないだろうか。教科書の執筆なんてしてる場合じゃないのでは?

さっき言ったことも忘れてしまって矛盾している。自分のこれまでの行動と今言ってることに齟齬がある。でも彼らは気にしない。支離滅裂でも構わないと思っている。
なんでこんな風になってしまうのだろうか。伊藤氏は近現代史歴史学者で、右翼の大物でもある笹川良一の評伝も著しているが、研究対象に食われてしまったのだろうか。

ついこの前に野村秋介の評伝を読んだ。彼は新右翼の思想家という立場で、その主張に全面的には賛同できかねるけれど、芯は通っている。彼の中で矛盾はない。その辺りに人間的な魅力があり、信用できる人物だと思えるものがある。そして自身の思想を証明するために自分の命を捧げた人でもある。選挙の期間中には「命がけで」なんて言葉が候補者の街宣車からはしょっちゅう聞かれるけれど、野村秋介という人を見習って欲しい。ネトウヨ野村秋介の本を一冊くらい読めばいいのに。読まないだろうけれど。

本当に腹の立つことばかりが描かれている映画。でも良い映画だった。MBS毎日放送)という在阪のテレビ局が制作したものだということも心強い。関西では維新べったりの報道が成されていると言われているから。テレビを見ないのでよく知らないけど。