読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お嬢さん

映画

2016年、韓国、パク・チャヌク監督作品

日本統治下の朝鮮で莫大な遺産を相続している令嬢と叔父、その遺産を狙う詐欺師と、その一味として女中に成りすまし潜り込んだ女、彼等が入り乱れるフェティッシュな世界観の物語。

www.youtube.comパク・チャヌク監督の作品は『復讐者に憐れみを』、『オールド・ボーイ』、『親切なクムジャさん』の復讐三部作が死ぬほど好きなのですが、それ以降の作品は未見なのです。だってレンタル屋にもあまりないし、どこの映画館でもやってるわけじゃないので見逃すとなかなか観られないから。
なので今回は見逃すまいと劇場に出掛けたのですが、感想はというと、そんなに面白いと思わなかった。結末もなんだか予想できたし。でも二転三転する展開を描く構成には感心したし、主演のキム・ミニの美しさも堪能した。

一番思ったのは「パク監督の最近作はこんな感じに進化したんだなあ」ということ。
復讐三部作は作品が進むにつれてパク・チャヌク作品のフォーマットが整っていくのを感じていて、それは映画の質感が漫画的というかお芝居的というか、リアルな世界じゃなくなってきてる。リアルさを追求するよりも寓話的というか幻想的というかそういう描きたい世界を描くことに注力しているように思える。その進化は本作『お嬢さん』でもより進んでいるように思えて、令嬢の住む館はファンタジーかと思えるような豪壮で奇妙な作りだし、演者たちも本当にいそうな人物と言うよりは、漫画のキャラクターのように見える。どれも現実ではなく非現実感の方が大きい。
パク・チャヌク作品では『復讐者に憐れみを』で見られた現代韓国の汚い部分を描いていたのがとてもリアルで好きだっただけに惜しいような気がするのです。でも残酷描写だけは一貫してエグいです。そこは変わらない。

もひとつ言っとくと主演のキム・ミニは松嶋菜々子にちょっと似てるかなあって思いました。

LA LA LAND

映画

2017年、米国、デミアン・チャゼル監督作
売れない女優の卵とジャズクラブを持つことを夢見る売れないピアニストの男、二人は出会い励ましあい、それぞれの夢に向かって突き進む、ミュージカル作品。

www.youtube.com


冒頭、渋滞のハイウェイからドライバーたちが飛び出してきて歌い踊るシーンでもう楽しい。ハイウェイの向こうの方、渋滞の最前列の人まで踊ってる。凄い。CGかも知れないけど、これだけでもうテンションが上がる。最高。
その踊る群衆の中で、黄色いワンピースの女が両手を広げて背中を見せる場面があるんだけど、その背中が良いんですよね。肩甲骨が浮き出たような痩せた背中じゃない。肉体的に充実した背中。健全な筋肉とか見せられたら高揚するじゃないですか。シュワルツネガーの映画なんてそのテーマの9割方は筋肉なんだから。後の一割が未来からの殺人ロボットだったり異星人だったりするだけでしょ。

もうエマ・ストーンが可愛くて仕方ない。知らない女優さんだったので、映画の最初に見た時は目と黒目が大きい人だなあ、くらいの感想だったのが、どんどん可愛くなる。エマ・ストーン頑張れ!って気持ちになる。愛らしくて堪らない。そして最後には貫禄のある姿まで見せるという凄さ。

対する男優であるライアン・ゴズリングはなんだかぼーっとした男という印象なんだけど、これは意味があるんじゃないでしょうか。

映画の鑑賞前に、ツイッターで「『LA LA LAND』は『Streets Of Fire』」みたいなつぶやきを見掛けて

 (たぶんこの方)


「へー、そうなん?でもどこにそんな要素あんの?」って思ってた。映画を観た後は本当にそう思う。この映画は『ストリート・オブ・ファイアー』なんです。

www.youtube.com


『ストリート・オブ・ファイアー』は1984年作の米国、ウォルター・ヒル監督作。
女性歌手が故郷である街に凱旋公演にやって来たが、隣町の暴走族にさらわれてしまう。そこで彼女の昔の恋人だった男を呼び寄せて彼女の奪還を依頼するというお話です。
ダイアン・レイン演じるロックンロールの歌姫を助け出すのは、かつては札付きのワルだった元恋人マイケル・パレ。超絶的に単純なストーリーで一切の装飾がなく、またライ・クーダーの音楽が随所に埋め込まれてミュージカル映画の要素さえある。物語は男が才能のある女を助け出し、そして彼女の邪魔にならないようにそっと去って行くという結末なのですが、それが『LA LA LAND』と酷似している。

ライアン・ゴズリングエマ・ストーンを励まして独り芝居を勧めて応援する。そして大きな役のオーディションがあることを報せ、彼女をその気にさせるのもゴズリング。これは才能のある女を助け出すという『ストリート・オブ・ファイアー』のマイケル・パレの役割と一緒。そして静かに離れていくところも同じ。
マイケル・パレもあの映画では悪行に関して頭がきれるだけで、自分で「俺は君に見合う男じゃない」的なことを言って去って行くちょっとした駄目人間だった。そこら辺はマイケル・パレの素が醸し出してたのかも知れないけれど、『LA LA LAND』でのライアン・ゴズリングがあまりキリッとした表情を見せないで切れ者じゃない風を装っているのも同じじゃないだろか。ボンクラ男が才能のある女を助けて静かに去って行く。そこにあるボンクラの美学が素晴らしい映画だと思います。

『ストリート・オブ・ファイア』では彼と彼女の馴れ初めは軽く描いて、その奪還戦に焦点をあてて描いていて男と女がその後どうなったかは描かれていない。
対して『LA LA LAND』ではエマ・ストーンとゴズリングの出会いから仲が良かった日々、そして再会を描いていて、どうやって分かれたのかは軽くしか描かれていない。パズルのピースの凹と凸のように『ストリート・オブ・ファイア』で描かれなかった部分が『LA LA LAND』では描かれていて、もの凄く綺麗に当て嵌まる。
『LA LA LAND』は『ストリート・オブ・ファイア』を補完する物語だと言ってもいいのではないかと思う。

駄目人間のことでいうと、だって才能ある男と才能ある女の話なんか見たい?ちょっと駄目人間要素がある主人公の方が愛らしいでしょう。そう思うと劇中で赤いジャンパーを着てショルキー(ショルダーキーボード)を抱えているゴズリングのダサさにも納得がいく。実は有能なピアニスト、なんて設定だけじゃ好きになれない。格好悪い面もないと。というか格好悪い部分こそが好きなんだけど。俺たちはみんな映画俳優や女優のように格好良くない存在なんだから、格好悪さを愛さないと。じゃないと自己否定が延々と続くことになるでしょう。格好悪い自分を肯定する意味でも格好悪さを愛すべきだ。ショルキーのダサさは2周半くらい反転して格好良い!

その他、夜の路上でドレスの裾を翻して女4人が踊る場面、夕暮れの駐車場で主人公の二人がタップを踏む場面、プラネタリウムで浮遊する二人等々、最高に幻想的で浮世の辛さを忘れさせてくれる映画でした。
ミュージカル映画なんて登場人物が突然歌って踊るんだからリアリティとは無縁でしょ。ファンタジーで良いはず。最高のファンタジーでした。サントラも買ったから。

アドルフ・ヴェルフリ@兵庫県立美術館

美術

兵庫県立美術館で『アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国』という展覧会を観てきました。

f:id:augtodec:20170225144616j:plain

アドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)はアウトサイダー・アートの方です。アウトサイダー・アートというと精神病院の患者の作品が芸術的に価値を見いだされたところから始まっていて、彼もまた精神病院で作品を創作し続けた人でした。

その作品はとても奇怪で歪んだイメージが横溢していて、執拗で、意味が読み取れず、それでいて静かに激情が渦巻いているような作品でした。こんな感じの絵です。

www.artbrut.ch

アウトサイダー・アートの作品を観ていると思うのは、絵画に意味を読みとるのは無意味なことだよなと思います。絵画の解説として、この作者は当時恋人と別れて失意にありその心象風景が作品に現れた、みたいな「意味」が添えられるけれど、それは大して重要なことじゃないのではないか。作家研究や美術史的な意味はあるけれど、その作品を観るのにその解説は必要ないんじゃないだろうか。ただそのイメージに圧倒されればそれで良いのだと思う。それこそが絵画の機能じゃないかと思う。

絵も情報の伝達手段だけれど、言葉にできないものを伝達しているわけで、そのイメージを受け取ればコミュニケーションは成立しているような気がする。言葉と違って正確な意味は伝達できないけれど溢れ出る作家の激情を感じ取ればそれで良いのではないだろうか。そしてそのイメージが常識に囚われた固い頭からでてきたものではないところにアウトサイダー・アートの魅力があるように思います。

美術館は階段が素敵な建物でした。

f:id:augtodec:20170225160012j:plain

こんな感じとか

f:id:augtodec:20170225160412j:plain

こんな感じ。

悪夢の迷宮っぽい。

保存

保存

保存

保存