複製された男

2014年、カナダ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。

歴史を教える平凡な教師の男が自分と瓜二つの俳優を見つけてしまう。教師の男には恋人がいる。俳優には妊娠中の妻がいる。俳優は教師の男の恋人を抱かせろと迫る。

www.youtube.comよく分からない映画だった。タイトルからてっきりSF映画だと思っていた。その映像がウルトラセブンの『第三惑星の恐怖』のような不穏なムードを醸し出していて、結末はどうなるのだろうと思って見ていたけれど結局わけが分からなかった。

ネットで色んな感想文や解説を読むと、この映画は男の浮気願望みたいな話であるということらしい。まったくもってがっかりした。生真面目な男と奔放な男の二人が居たわけではなく、一人の男の中にそういう人格があったということらしい。妻がいるけれど不倫願望があるという男の二面性を描いたものらしい。がっかりだ。

不倫というものにまったく共感することができない。理由は分かっていて、俺の従姉妹は旦那の不倫を苦にして自殺したのだ。だから不倫を仕方のないものだとか愛だとか恋だとか言って擁護する気持ちに全くなれない。
自由で奔放な人間に憧れはするけれどこの点だけは許容できない。だって確実に身近な人間を傷つけるから。恋愛というものは電撃的なもので自分を抑えきれないものだと言う人もいるけれどそんな物言いで不倫を美化して欲しくない。

薬物中毒やアルコール中毒のような自分を制御できない人間の弱さには共感するところがあるけれど、不倫はノン。だって要は性欲でしょ? 性欲も人によって大小はあると思いますよ。制御できないほどの過多な性欲を抱えている人もいるんでしょうよ。でもノン。オナニーすればいいやん。自分で解決できるやん。オナってシコってカラカラになっても愛とか恋とか言えるのなら言えばいいよ。でも不倫はノン。

お盆の間に読んだり見たりしたもの

K氏の大阪弁ブンガク論/江弘毅 著
大阪弁を駆使する作家たちの著作を取り上げ論じる本。

K氏の大阪弁ブンガク論

K氏の大阪弁ブンガク論

 

 取り上げられている作家や書籍には関心を持った。著者のブンガク論が何なのかはよく分からなかった。


さらば、政治よ 旅の仲間へ/渡辺京二 著
歴史家である著者のエッセイ、インタビュー他をまとめた本。 

さらば、政治よ: 旅の仲間へ

さらば、政治よ: 旅の仲間へ

 

 著者は80歳を過ぎたということで老成するとはこういうことなのか、と思いつつ頁をめくった。元々こういう人なのかも知れないけど。


シリアルキラー展 大阪@海岸通りギャラリーCASO
連続殺人鬼たちが描いた絵画作品の展覧会。

f:id:augtodec:20180814145520j:plain

あまり何も感じなかった。会場は盛況でした。

 

ミッション・インポッシブル フォール・アウト

www.youtube.com長い。とても退屈な映画だった。



何を見てもあまり楽しいと思えない。気力が弱っていると思う。夏のせいだと思いたい。

ハン・ソロ

2018年、米国、ロン・ハワード監督

スターウォーズシリーズの主要登場人物であるハン・ソロの若き日を描く外伝もの。

www.youtube.com

あんまり楽しくなかった。なぜ楽しくないのかはよく分からない。
なんかね、ハン・ソロの映画なのに主人公の印象が薄いの。他のキャラクターの方に目がいってしまって。ランド・カルリシアンとかロボットのL3とかは良かった。格好良い。特にL3。チューバッカも活躍してた。だからなのか主人公の印象が薄い。

それに最初の列車強盗のシーンも良かった。アクション映画としてSF映画として迫力あった。でも全体を通しての印象はとても平坦。ずっと淡々と観てた。

もうスターウォーズに飽きてるのかも知れない。なんだか惰性で見続けてる感じがする。でも新しいのが上映されたらまた観に行くんだろうなあ。