大阪的/津村記久子・江弘毅 著

大阪在住の作家、津村記久子さんとMeetsRegionalの元編集長、江弘毅さんが語る大阪について。

大阪的 (コーヒーと一冊)

大阪的 (コーヒーと一冊)

 

 お二人の対談があっちに転がったりこっちに転がりったりしてとても面白かった。結論なんてものは必要ではないけれど、強引にまとめるとするならお二人共が仰っているのは「大阪は地方」ということではないだろうか。
津村さんはサッカーJ2をあちこちに観に行くことで地方のチーム同士の戦いの場所には中央(東京)がそこにないことを面白がっており、対する江さんは岸和田出身らしく、だんじりも中央なんてなく各町で好きにやってると仰る。そしてそれが良いということでお二人は同意していると思われる。対談の中で江さんが

それが、「大阪好っきやねん」が鬱陶しくて、「チカンアカン」のポスターはいい、みたいな。

と言うと津村さんも

うん、そっちはいい。難しいな、どう違うのかなかなか説明できないですけどね。

と言う。この感覚は分かる。「好っきやねん大阪」みたいな台詞を聞くとさぶいぼでるから。「大阪?好きやけど?」くらいのテンションでなぜいられないのか。
本書に書かれてるわけではないが、大阪は粉もん文化だからたこ焼きとお好み焼き!みたいなごり推しも嫌いだし、大阪人は会話が面白い、みたいなのも好きじゃない。そんな人が作ったテンプレートにわざわざ自分をはめこんでいかなくてもいいと思うけど。先般、大阪での万博開催をプレゼンする為にバカの松井知事とアホの吉村市長が海外に行ったらしいが、豹柄のおばちゃんみたいなものを推していたらしい。ダサい。心底ダサい。情けない。

大阪ってやっぱり都会で、メディアもあるし文化と歴史もあってかつては日本で2番目の都市だったという誇りもあるからから対東京みたいな意識があると思うんだけれど、日本で関東圏以外の場所はみんな地方でしょう?大阪は地方の中では大きな都市なんだから地方の代表くらいの気持ちでいないと。橋下徹は大嫌いだけど彼が府知事の時は地方の代表として中央にモノ申すという場面も多少はあった。あれは少し評価してる。でもあいつヘタレやから中央と闘っても勝てないとみて仮想敵として東京と闘うことは止めたよね。で、誰と闘ったかというと府庁や市役所の公務員や在阪メディアと闘ってみせるというプロレス。ホントだめだ。

大阪都構想なんてのも、もう一つの中央に成りたがってるだけなんですよね。そういうのはもう止めて欲しい。無駄に住民投票とかしていらん。何回やるねん。アホですわ。地方として発言していきましょうよ。地方なんだから。

造本がとても可愛い本でした。ミシマ社という会社から出てるんだけど京都に支社があるというのも好感。

K2@難波ベアーズ

f:id:augtodec:20170715200443j:plain

出演は
K2+.es
Epidemic showji
富松慎吾 大太鼓ソロ
K2+富松慎吾

K2こと草深公秀氏のノイズ音源は以前から聴いていたけれど、ライブを見るのは初めてでした。ベアーズによると17年ぶりの来阪だそうです。K2氏は本業はお医者さんらしいです。

会場に着くとステージには大きな和太鼓が据えられていてビジュアルの迫力が凄い。

K2+.es
一組目の演奏終盤でベアーズに到着。K2の電子ノイズとピアノ+サックスの演奏でした。ちょっとしか見れなかった。

Epidemic showji
ベース、ギター、サックス、これに機械リズムの演奏。ギターはメタル/HRのような演奏で、これにサックスが不思議に絡み合う。サックスを組み込んだストーナーロックというのもありなのじゃないかなどと思っていたらギタリストがバチを持って大太鼓を打ちまくる。どこにもないフォーマットの演奏で聴いた事のない情感でしたが、心躍る感じがあった。

富松慎吾 大太鼓ソロ
和太鼓の演奏がベアーズの狭い空間に響き渡る。振動が体に伝わって気持ち良い。太鼓というのはとても原始的な楽器だと思うけれど、人間の本能みたいなところに反応するんじゃないでしょか。

K2+富松慎吾
大太鼓とK2氏のノイズが絡み合う演奏。ノイズはリズムのない音楽ではあるけれど、リズム楽器である太鼓との共演はとても心地よい。ノイズのうねりと太鼓の重低音が鳴り響き、どこにもない音像が浮かび上がる。

和太鼓とノイズの融合なんてどこでも聴いたことがない。両者は決して出会わないフィールドで演奏していると思うから。でもこうやって出会って演奏してその音を受け止めていることが貴重な時間な気がする。実験的と言っていいのか分からないが、この両者が出会って演奏しているということが成果だと思える。
太鼓の音は生で聴くことに意味があるな。その振動を体で受け止めることに意味があると思う。

f:id:augtodec:20170715212922j:plain

演奏後の富松氏とK2氏。

保存

保存

保存

保存

ハクソー・リッジ

2017年、米国、メル・ギブソン監督作

第二次大戦下の米国、宗教的理由で殺人を肯定できない主人公は銃を持つことを拒否し、その思想信条を理解されないながらも激戦地沖縄に衛生兵として赴くことになる。
沖縄、前田高地における日米の肉弾戦を描く戦争映画。

www.youtube.com


この映画、戦場に参戦するまでの前半と後半とにくっきり分けられると思う。全然別の映画じゃないかと思えるほど前半と後半でくっきりと映画の色が違うのです。
前半は主人公が兵役に志願するも、その思想信条から人を傷つけることを忌避し、そのことで周囲から疎まれることになる。この部分では一切戦闘なし。寧ろ大戦を戦っているアメリカ国内が如何に平和かという描写でさえあると思う。
対して後半の戦場シーンはこれでもかという残酷でえげつない描写が繰り返される。その対比が凄い。落差が凄い。これは戦争の悲惨さを表すのに有効だったのじゃないかと思える。
戦場の残酷さを描いたということでスピルバーグの『プライベート・ライアン』が比較される本作ですが、残酷描写という点ではメル・ギブソンの方が勝ってる。爆風で人体が吹き飛ぶ様子が凄まじいんですよね。しかしこれはスピルバーグが戦場の残酷描写に先鞭をつけたからあるものでしょう。やっぱりスピルバーグは偉い。メル・ギブソンも偉いけど。

もうひとつ『プライベート・ライアン』との対比で言うと、この映画、というか戦場では米軍は攻める側なんですよね。
プライベート・ライアン』でも戦局的には攻める側だったけれど、最期の場面では連合国軍側が橋を守るという場面だったのです。ナチスドイツにこの橋を渡らせない、死守するという場面設定がなされていた。対して『ハクソー・リッジ』の米軍は侵攻する側で、そこのところは観客の心情に大いに影響があるんじゃないだろうかと思いました。
守る戦いと攻める戦いではどうしても守る側に感情移入する気がするから。沖縄が攻められているという日本人的感情もあるとは思うのだけれど。

主人公デズモンド・ドスを演じたのはアンドリュー・ガーフィールド。彼がこの役を演じる為にどんな役作りを考え、監督がどんな演出をしたのかは伺い知れない。ただこの映画を観て思ったのはドスを発達障害の青年として描いたのではないという気がする。発達障害の人たちは、健常者から見れば空気が読めないとされたり、過集中やあるものごとにこだわり過ぎると見られたりするが、ドスの生き方は人を傷つけない、人を助けるという方向に注力して周りと歩調を合わせることを度外視しているように見える。何の根拠もないけれどそう思う。そして発達障害だったとしてもその特性を存分に発揮する場面があるのだということを訴えているような気がする。

日本軍が大挙して押し寄せる場面があるのだけれど(予告編の0:35辺り)、それを観てポール・バーホーベンの『スターシップ・トゥルーパーズ』やないかい、これ。と思ってしまった。

www.youtube.com


0:25辺りで敵であるバグが押し寄せる場面があるのだけれど、それとそっくりだと思ってしまった。太平洋戦争中の日本人なんて米国人にすれば異星人みたいなものなのでしょうか。

最後にもう一つ強く言いたいのは、主人公のお嫁さんになる役のテリーサ・パーマーさんが美し過ぎる。白衣の天使役が美し過ぎる。オーストラリアの役者さんらしいけど美し過ぎる。真剣に天使。

www.youtube.com

もし観に行かれるならこちらも是非ご覧ください

『ハクソー・リッジ』の公開によせて | 浦添市