聖の青春

2016年、日本、森義隆監督作

難病に侵されながらも棋士として活躍した村山聖棋士生活を描いた作品。

www.youtube.com

凄まじい傑作。

映画の素晴らしさというのは物語の結末・オチがどうとかそういうことではない。上映時間の全てに緊張感が漲っているかどうかにかかっている。そしてそれが美しいかどうか。
美しいといっても、誰でもが美しいと感じるような蝶や花のような美麗なものが連続して映し出されるだけではなく、その場面に合った情景が美しいと感じられるかどうかで、この映画で言えば将棋の対局の場面で窓外にうつる雪の景色といったものだけでなく、大阪の下町を疾駆する軽トラさえ美しく描かれている。棋士が打つ駒のアップ、それが移動するという無期的なものでさえ最高に美しく撮られている。

俳優の力も凄まじい。主役を演じた松山ケンイチは体重を増量して映画に臨んだだけでなく、映画という物語の中で生きている人物として完全だった。
羽生善晴を演じた東出昌大は、ただ似ているというだけでなく、羽生が乗り移ったかのようでこれも完璧な演技だったと言うほかない。村山の母親を演じた竹下景子の健気さと子を病気で失う悲しさ。村山の師匠を演じたリリー・フランキーのわざとらしくない、それでいて弟子に対する愛情の深さなど、端役に至るまで俳優の力が冴えわたっていた。

映画は色調というもので画の印象をコントロールする。アメリカ映画にはアメリカらしい色合いがあるし、他の国にもそういうものがある。
この映画は将棋という日本独特の文化を描いていて、そこで映し出される日本間であるとか将棋の盤面であるとか、また町の情景などが日本でしかあり得ない色調に統一されていてそれが独特の美しさと静謐さを生んでいる。どんな場面も美麗で格がある。

原作は読んでいて過去に感想文も書いていた。そこでは、ありきたりの難病物の映画化にならなければ、なんて書いていたが、そんなものを超越するほどの傑作だった。もし未見の方が居られれば是非観賞することをお勧めします。凄い傑作だから。

**

新型コロナのせいで映画館に行くのも憚られる時勢で、ビデオ鑑賞の感想文が続いています。でもやっぱり、映画館に行ってお金を払って観ることが映画を作った人に一番報いる行動なんだと今更ながら思っています。ライブとか映画とかを観に行きたい。映画や演奏家の労力にお金を出して鑑賞することが一番だと思うから。

Mental Illness/AIMEE MANN

 

メンタル・イルネス

メンタル・イルネス

 

 

米国の女性SSW、エイミー・マンによる2017年のアルバム。
ポール・トーマス・アンダーソン監督作の映画『マグノリア』を観て、この映画の音楽がエイミー・マンによるものだと知ってからずっと彼女のアルバムを聴いてる。特定のアーティストをずっと追いかけて聴いているものって自分はあまり多くないと思うが、そんな数少ない一人がエイミー・マン

アルバムによってロックバンド的だったり、エレキギターを使わないバンド・サウンドだったりするけれど、本作はアコースティックの楽器を使ったアルバムでフォークミュージック的な雰囲気のアルバム。静かに繊細な音楽が奏でられる。

長らく、音楽を聴くのは気分を高揚させる為のものだと思っていたけれど、最近はYouTubeで海外のフォークなどを聴くともなしに聴いたりしている。アコギの音が心地良いと思える。
昔からうるさい音楽を聴き続けたら少ししんどくなることがあって、そういう時はポップなものを聴いたりしていた。それはディスコだったりハウスだったりしたけれど、それらの音楽もやっぱり気分を高揚させるもので、最近はもっと耳を休めたいと思うのか静かな音楽に興味が向くようになっている。だんだん強い音楽を受け取る力が弱くなっているのかも知れない。

そんな気分の今の自分にはとてもこのアルバムは気持ち良い。
エイミー・マンの曲ってメロディというか曲調というのは似てる、というか、どれもエイミー・マンでしかないという感じ。でも新しいアルバムが出たら聴いてしまう。
日本のaikoとかもどれも似ているようでaiko節とでもいえるようなものがあると思うけれど新曲はやっぱり新しくて耳に残ったりするので似てるかも知れない。最近amazon musicaikoを続け様に聴いてなんか分かったような気がしてるからそんなことを思うだけかも知れない。

www.youtube.com

くっすん大黒/町田康 著

 

無職で妻も家から出て行き無為の生活を送る男が、家の中にある金属製の大黒を捨てに行ったり、謎の芸術家を紹介する映像作品に参加したりする話。 

くっすん大黒 (文春文庫)

くっすん大黒 (文春文庫)

  • 作者:町田 康
  • 発売日: 2002/05/10
  • メディア: 文庫
 

 

1996年に発表された町田康のデビュー作。もう20年以上もキャリアのある人だから著作も多いくて幾つかは読んでいるはずだけれど、どれを読んだか憶えてない。でもデビュー作は読んでなかったはずなので読書。

町田康の小説を読むと力が抜ける。というか、あまり真剣に物事を考えなくても良いのではないかという気になってくる。別に著者が「お前等は気真面目過ぎるもっと適当に生きなさい」などとは一言も言っていないのだけれど、そういう気持ちになる。
この小説の主人公も適当。酒ばかり飲んで明日のことや将来のことなど微塵も考えていない。目先の小銭に釣られてあまり興味も関心もない仕事を受けたりする。
たぶん町田康という人が投げやりなところのある人なんだと思う。投げやりと言って悪ければ達観したとでも言うべきだろうか。世事に巻き込まれてあくせくしているのではなく、世の中を傍から見ている感じがある。
ただ、町田康という人はかつて町田町蔵だった人でPUNKSだったわけで、PUNKというものはオリジナルパンクの時代のロンドンなら兎も角、ずっと世の中のメインではなく傍流だったわけで、そういう出自によって世の中の中心じゃなく端から見ている気分というのが備わっているような気がする。

小説であるから主人公は行動し、その先には何かしらの事件が巻き起こるけれど、そんなことはあまり関係なくて、どうにもやるせない、というかやるせないという気持ちすら起こらない、無為の出来事が述べられる。物語の起伏だとかそういうものを読むのではなくて、ずっと温い湯につかっていて心地良いというような、無駄といえば無駄な時間、そんな気持ちになる小説。中原昌也もそんな感じだと思う。好きか嫌いかで言えば好き。