読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョゼと虎と魚たち

2003年、日本、犬童一心監督
脚の不自由な身障者の女の子と大学生の男の子の恋愛映画。原作は田辺聖子の短編小説。

www.youtube.com


観終わって、はたして自分はどんな感想をもっただろうと自分の頭の中を覗き込んでみたものの何もない。原作は随分昔に読んで、短編ながらもう少し奥行きがあったような気がするのですが、思い出の美化でしょうか。
思うに小説は文章で容姿も内面も描いてあとは読者の想像力に任せるのに対して、映画は容姿が提示されてその仕草や行動で内面を推し量るものなので、そこのところかなぁ。決してつまらなかったわけではないけれど、あまり語る言葉がないです。

ただね、自分は恋愛映画を観て感動するような心性を持ち合せていないのだと思います。たぶん脳の恋愛をつかさどる部分が欠損しているのです。