読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスファルトデス/COLORED RICE MEN

東京のハードコアバンド、カラードライスメンの98年作ミニアルバム、LP。
強力、個性的なハードコアナンバーで初期のハードコアを思わせる雰囲 気。この手の音楽には珍しくサキソフォンが入っていてフリージャズのような演奏がいかつい。45回転のレコードだけど最初33回転で聴いてて違和感なかっ た。それだけ速い。ボーカルもデスボイスかなと思ってしまった。

ハードコアやパンクを聴くとイライラすると言った人が居たけど、その通り だと思う。怒りの歌だから。エネルギーを怒りと云う方向で発散している。でも怒るってエネルギーがあり余ってる証拠。そんなの聴きたくないという人もいる だろうけど、それは個人の自由。喜びの歌も怒りの歌も表現の手法としては等価値だと思うし、題材としても存在するべき。

ただ今はちょっとこういうのを受け止める力がないかも。強い怒りを受け止めるには相応の体力が要る。

LPの真ん中の穴が小さくてタンテから外れないかと思った。

www.youtube.com