読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクール・オブ・ロック

2003年、米国、リチャード・リンクレイター監督
仕事欲しさに偽教師として私立の名門小学校に潜り込んだバンドマンの男は授業そっちのけで優等生の子供たちにロックンロールを叩きこむ。

www.youtube.com
「こんなこと有り得ない」と言ってしまえばそれまでな強引な筋運びではあるのだけれど、空回りする偽教師がだんだん子供たちを惹きつけていって、その子供たちがノリノリになってしまうのと同じように、見ているこっちも乗せられてしまうのでした。

ジャック・ブラックの熱演もさることながら子供たちがどの子も個性的で可愛いんですよね。大人びた生意気な台詞も「子供がそんな言い方する?」という感じで可愛いと同時に可笑しい。しかし黒人の子供の歌の上手いのはホント感心する。完全にR&Bですもん。遺伝子にソウルが詰まってるとしか思えない。

優等生の子供たちがロックを通して協力することや楽しさ、自主性を芽生えさせるという物語ではあるのだけれど、別の面を捉えるとダメロッカーだったジャック・ブラックが偽教師という役柄を得て子供たちと接して成長するというお話でもあると思います。
最初は子供たちに「俺がリーダーだから言う事をきけ」と言うのが最後は子供たちの意見を取り入れていくというところにも端的に表れていると思います。
やっぱりダメ人間のお話はいいですね。

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 

 追記:School of Rock 10 year reunion

www.youtube.com