嘘八百

2018年、日本、武正晴監督

京都の蔵のある屋敷で価値のある茶碗を見つけた古物商の男は、嘘をついて安値でそれを買い取るが、よく見ると贋作だった。その偽物を作ったうだつの上がらない陶芸家の男を捕まえると、もっと凄い贋作を作らせて、かつて騙された因縁のある大物鑑定士を逆に騙そうと画策する。

www.youtube.com

古物商の男を中井貴一、陶芸家の男を佐々木蔵之介が演じる喜劇映画。京都、大阪を舞台にしたお話なので関西出身の佐々木蔵之介の関西弁が小気味良い。
二人の大物俳優を起用して、その二人が右往左往するだけでずっと観てられる。炬燵で鍋を囲んでああだこうだ言ってるだけの場面でも絵になる。それにしても中井貴一という俳優さんは大物らしくない軽みのある良い俳優だなと思う。
随所に、ちょっとその展開はどうなん?と思うところもないではないけれど細かいことは言いいっこなし、と思える軽妙さがある。

YouTube小林克也山下達郎が対談しているラジオ番組を聴くと、山下達郎が昔の話を披露していた。
1979年に、まだ地方ツアーもしたことのない歌手だった彼が、大阪のディスコで彼の曲『ボンバー』が流行っているらしいと大阪でコンサートを開くと、東京での演奏を観に来ていた小難しい客と違って音楽を楽しみに来ている客が集まっていて驚いた、と語っていた。
東京では誰もが評論家のようになっていたのに、快楽として音楽を楽しむ客がいることに救われた、ということらしい。

映画も難しい解釈が必要な作品もあるけれど、それはそれとして、ただ単純に楽しいというだけでも良いのだと思う。映画を色々観ていると、いつも大傑作に巡り合うわけもなく、軽い、そこそこ楽しいという映画もあるし、それを「ちょっと面白かった」くらいの感想で終わって消費してもそれはそれで良いのだと思う。どの作品にも重いテーマがあるわけでもないのだし。本作も軽い喜劇としてちょっと面白かった。

www.youtube.com

カリスマ

1999年、日本、黒沢清監督作

二人の人間を死なせてしまった刑事の男は、休暇を申し渡され、森に迷い込む。その森では一本の木を守る人物とその木を奪おうとする人達、そして植物学者の女がいた。木を巡る彼等の駆け引きが行われる。

www.youtube.com

黒沢清監督というのはシネフィルの間では評判が高いみたいだけれど、自分にはその魅力がいまひとつ分からないでいる。何作かのホラー映画はとても怖くて、不穏な雰囲気が充満していたのが印象深かったけれど『散歩する侵略者』なんてどう捉えれば良いのか困ってしまった。

本作もよく分からない。
仕事に疲れた男が森に逃避する。そこではカリスマと呼ばれる木があり、その木は根から毒素を分泌して周りの森を涸らしてしまう。その木を奪おうとする人たちと守る人がいてその争いに巻き込まれる、というお話ではあるが、物語自体は全くつまらない。なんのカタルシスもない。そして意味深な会話が繰り返されるが、その本意も分からない。
深読み裏読みをすればどうとでも読みとれる気がする。それほど物語は曖昧模糊としている。
でも映画であるならば、ある程度形のある物語は必要じゃないだろうか。シネフィルに人気の高いタルコフスキーだって一本の映画の中には読みとれる物語があり、その上で映像美があったり、深い主題があったりするのだから。
この映画を観ても、そこに登場する人物たちがどういう人で何の組織に所属している人なのかも分からない。動機も分からない。なので、木の所有権を争う、以外の物語は読みとれないし、それが暗喩する主題も分からない。
分からなくても映像に身を浸してそれが心地良ければそれで映画としては良いのだろうけれど、森や廃墟や投げやりな人たちという好みの事物は出てくるものの、全く酔えなかった。
たぶん波長が合わないのだと思う。でもなぜこんなに黒沢清が評価されるのかを知りたくなってまた彼の作品を観てしまうのだろうと思う。

サマータイムマシンブルース

2005年、日本、本広克行監督

大学SF研究部の面々が、部室にある壊れたクーラーのリモコンをタイムマシンに乗って昨日に取りに行く話。

www.youtube.com

くだらない。心底くだらない。でもそれが良い。

仁義なき戦い』シリーズとか観過ぎてちょっと疲れた。映画館に行って観たのも『Fukushima50』とかでちょっと軽い映画が観たかった。そう思って観たけれど軽すぎる。でも良かったです。
大学生の夏休みの話だけれど登場人物たちは何も生産的なことはしていなくて何も青春を謳歌するようなこともしていない。ひと夏の想い出的なことも何もない。何もないけれどお話は滅茶苦茶練り込まれていてタイムトラベルに次ぐタイムトラベルという展開を見事に辻褄が合うように作り上げてる。何もない話を滅茶苦茶丁寧に作ってる。
でもこれ元は舞台らしいですね。京都のヨーロッパ企画のお芝居が原作みたい。それをうまく映画化したってことだろうな。しかし舞台でこの展開をどうやって表現したのだろうか。そっちの方が凄いと思うけれど。
15年前の映画ということで出演者が若い。瑛太ムロツヨシ上野樹里真木よう子錚々たる顔ぶれだけれどみんな無邪気な大学生を演じていてそれが似合ってる。なんかそれだけで微笑ましい。
何にも残らない映画のような気がするけど観ている間楽しかった。大学生の無為な夏休み
の一日って感じが逆にさわやかというか。何も主張していなくてただ楽しいっていう、こういう映画って逆に貴重ではないだろうか。