読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキャナーズ

1981年、カナダ、デヴィッド・クローネンバーグ監督作
人間の心を読み相手を自在に操れる超能力者スキャナーを巡る陰謀とスキャナー同志の闘いの物語。

www.youtube.com

リストア版というものを観ました。だから画質が綺麗だったのかなあ。81年の映画なのにもの凄くクリアな映像でした。そし画面に格がある。クローネンバーグの映画というのはそれほどファンというわけでもないのだけれど、新作が公開される度に話題になって評価も高いので見ておかないとという気分にさせられるので幾つかは見ている。
この作品もクローネンバーグ初期の作品ということで名作の誉れの高い作品だけど、不穏な空気が滲みまくっていて、やはり評価が高いのが頷ける。不安になるんですよね、観てると。
その不安は音の影響からくるものも大きいような気がします。音楽もそうなのだけど、音の無い場面というのが多い。ずっと何かしらのBGMが鳴ってるような映画は少し鬱陶しいでしょう。音の空白の部分が多くてそれが、言い様の無い空虚さみたいなムードを醸し出してる。こういう静かな映画は好きです。

超能力者の対決はお互いの心を読む、という映画的に地味にならざるを得ない闘いを派手に演出してるのが素晴らしいです。役者の演技に依るところが多いけれど、どれも熱演で、悪役のマイケル・アイアンサイドが良いんですよね。この人沢山映画に出てるけど名作『スターシップ・トゥルーパーズ』が印象深いです。ポール・バーホーベンのバカ映画だけど名作です。

最初のスキャナー対決で頭が吹っ飛ぶ場面は、ルネ・マグリットの『快楽原則』ですよね。

f:id:augtodec:20170510214647j:plain