読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お嬢さん

映画

2016年、韓国、パク・チャヌク監督作品

日本統治下の朝鮮で莫大な遺産を相続している令嬢と叔父、その遺産を狙う詐欺師と、その一味として女中に成りすまし潜り込んだ女、彼等が入り乱れるフェティッシュな世界観の物語。

www.youtube.comパク・チャヌク監督の作品は『復讐者に憐れみを』、『オールド・ボーイ』、『親切なクムジャさん』の復讐三部作が死ぬほど好きなのですが、それ以降の作品は未見なのです。だってレンタル屋にもあまりないし、どこの映画館でもやってるわけじゃないので見逃すとなかなか観られないから。
なので今回は見逃すまいと劇場に出掛けたのですが、感想はというと、そんなに面白いと思わなかった。結末もなんだか予想できたし。でも二転三転する展開を描く構成には感心したし、主演のキム・ミニの美しさも堪能した。

一番思ったのは「パク監督の最近作はこんな感じに進化したんだなあ」ということ。
復讐三部作は作品が進むにつれてパク・チャヌク作品のフォーマットが整っていくのを感じていて、それは映画の質感が漫画的というかお芝居的というか、リアルな世界じゃなくなってきてる。リアルさを追求するよりも寓話的というか幻想的というかそういう描きたい世界を描くことに注力しているように思える。その進化は本作『お嬢さん』でもより進んでいるように思えて、令嬢の住む館はファンタジーかと思えるような豪壮で奇妙な作りだし、演者たちも本当にいそうな人物と言うよりは、漫画のキャラクターのように見える。どれも現実ではなく非現実感の方が大きい。
パク・チャヌク作品では『復讐者に憐れみを』で見られた現代韓国の汚い部分を描いていたのがとてもリアルで好きだっただけに惜しいような気がするのです。でも残酷描写だけは一貫してエグいです。そこは変わらない。

もひとつ言っとくと主演のキム・ミニは松嶋菜々子にちょっと似てるかなあって思いました。