読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいNEWネオ室町/踊る!ディスコ室町

 

新しいNEWネオ室町

新しいNEWネオ室町

 

 踊る!ディスコ室町は京都のファンク・バンド。名前が印象的で気になってたので聴いてみました。
聴いてみて思うのはファンクってテクニカルな音楽だなあということ。ドラムやパーカッションといったリズムを奏でる楽器以外は音階を表現する為にあるけれども、ファンクではそれらが全て、刻んだり、止めたりすることでリズムを奏でる楽器になる。全ての楽器はリズムの為にある、って感じ。即興音楽などを除いて、普通は音楽を構成するのに、アンサンブルが成り立つには全ての楽器のリズムが合っていることが必要だけれど、それをリズム強化の面で推し進めた音楽がファンクなのだと感じる。ノーテクではできないですよね。

でもテクニカルな音楽に背を向けていたのですよね。パンクが好きで、パンクって初期衝動、若気の至り全開の音楽でしょう。それを音楽的に稚拙だなんて批判に対して「あほか」と思ってて、どんどんノーテクニックな方向が好きになった。ガレージパンクが好きになったのもそうだし、ノイズが好きになったのもこれこそノーテクニックの究極だと思ったから。今はパンクにもノイズにも技巧やセンスの巧拙はあるとは思うけど。
少し前にプログレが好きだという人に会って、俺ってホントあーゆー技巧の必要な音楽に背を向けてきて損してたなあと反省したのです。

本作はそんなファンクの気持ち良さが味わえる作品。テクニック云々なんて考えなくても体が動けばいいんですよね。考えるな感じるんだ!って感じ。ライブに行きたい。

www.youtube.com

保存

保存