読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたを待っています

映画

2016年、日本、いまおかしんじ監督作
アルバイトをしながらだらだら暮らす青年、西岡は地震原発で東京は危険だと考えていて脱出を夢見ながらだらだら過ごしている。

f:id:augtodec:20170208210550j:plain

https://www.mmjp.or.jp/pole2/2016/anatawomatteimasu/anatawomatteimasu.html

漫画家いましろたかしの企画・原案ということでいましろファンは、のこのこ京都まで映画を観に行ったのです。

主人公は何をしている人なのか分からない。冒頭で何かそれらしい会話があったけど聞き取れなかった。居酒屋の皿洗いと交通警備のバイトで暮らしている人だが、何もしていない人という形容が良かろうかと思う。ただ友人と酒を飲んで吐いてずるずると毎日暮らしている。
話の本筋は、駅前で「あなたを待っています」と書いた紙を首からぶら下げた女と、彼女の助けになりたいと思う主人公の話ではあるが、それはどうでもいい。それよりもスナックのママにヤらせてくれと言って説教される場面の方が愛おしい。

たぶん恐らくもしかして、そういうどうしようもない感じの可笑しさを表現したかった映画なのだと思う。いましろ漫画にあるような、どうでもいい何てことのない無駄と言えば無駄な、でもそこはかとなく可笑しい、そんな雰囲気の漂う映画を作ろうとしていたのではないかと思う。そしてそれは成功の一歩手前まで辿り着いているような気がする。

しかし主人公が女を助けようとする辺りから彼に意志が見え始める。ただぐずぐず暮らしていた男が何かを成し遂げようとするところに目的が現れる。そうするとずるずる暮らしていることが否定的に見え始める。目的や意志はぐだぐだとは相性が悪いのだ。

いましろ氏によると

 『タクシードライバー』が元ネタで、かわいそうな女の人を勝手に助けたら自分が気持ちよくなるかなって」と

大橋裕之が主演映画で「ギャラもらってない」と、いましろたかしら制作陣にぼやく - コミックナタリー

 らしい。確かにいましろ版タクシードライバーと言える。トラヴィスと違うのはベトナム帰りじゃないってことぐらいだ。

面白かったかと聞かれればそんなに面白いとは思わなかった。でももっと面白くできるはず。いましろ映画の次作に期待します。

www.youtube.com

保存

保存