読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的2016ベスト

映画 読書 音楽

年末なので今年のベストを

■映画
インサイド・ヘッド

augtodec.hatenablog.comいきなり2015年公開作品でビデオ鑑賞なんですけど、これを挙げずして2016は語れない。もうボロ泣き。落涙。嗚咽。泣き過ぎて最期の方はしゃっくり。それぐらいの涙。ピクサー最高傑作と断言していいと思う。
だって最高なんですもん。心理学的な内容を子供向けの冒険譚に仕上げて、それでいて大人も泣かせるという手腕に敬服して土下座しない人はいないと思う。今年のアニメでは『この世界の片隅に』がもの凄く良かったけど、それでもこれをベストに入れずにはいられない。
以来おもちゃ屋さんでフィギュアのコーナーがあるとインサイド・ヘッドのフィギュアがないか隈なく探していますが全然ない。なんかアニメっぽいやつしかない。フィギュア業界は心を入れ替えてインサイド・ヘッドのフィギュアを大量生産して欲しい。ヨロコビのフィギュアが欲しい。

次点
シン・ゴジラ

augtodec.hatenablog.com映画館で観た映画も。この映画って一切人情話がでてこないんですよね。ただただ冷徹に状況を判断してそれを実行するという愚直な仕事の様を描いている。仕事を描いた物語でも人間関係だとかちょっとした恋とかすぐ描きたがる映画が多い中でストレートなお仕事映画でした。仕事ってのは情や人間関係で判断が鈍ったらいかんよ。


■読書
ポル・ポト ある悪夢の歴史』

augtodec.hatenablog.com素晴らしかったです。寝て読んでたら腕が疲れるくらいの分厚い本でしたが夢中になって読みました。
キチガイの話って面白いじゃないですか。連続殺人鬼とか。偉人とか天才とかの生涯が伝記や物語になるのもあの人たちは常人の考える常識の枠に収まらないという意味で基本的にキチガイだと思うんですよね。だから面白い。良い功績があるからチャラにされてるけど基本的にはキチガイだと思います。
ポル・ポトっていうのは完全に負の方向にふりきったキチガイで、尚且つ一人で狂ってたわけじゃなくて国を動かすほどの人間が狂っていたということで、人類史に残るキチガイなのです。アドルフに並ぶ狂いっぷりだと思う。いかつい本でした。

次点
日本会議の研究』

augtodec.hatenablog.comベストセラーにもなった本書ですが、刊行以降は日本会議のことってマスコミでも随分取り上げられてますよね。その口火を切ったという意味でとても重要だと思うし、現在の政権の右傾化の深淵を暴くという意味でも大きな功績があった書籍だと思います。

 

■音楽
INCAPACITANTS@難波ベアーズ

augtodec.hatenablog.comノイズの教科書INCAPACITANTSのワンマンライブ。いやー、もう凄かったもの。耳がおかしくなったもの。突発性難聴になったもの。ほんとあの迫力って何なんですかね。たかが音ですよ。それもメロディーもリズムもないノイズ。ギャーとかビーとかいってるだけですよ。でも圧倒的なパッションを感じる。激情の塊。感情の嵐。凄すぎました。最高です。言葉になんかできないです。

次点
SHISHAMO3

augtodec.hatenablog.com3ピース・ガールズロックバンド、SHISHAMOのアルバム。地味に何回も聴いてます。こういうのが好きだって言うのちょっと恥ずかしいけど好きなものは仕方ない。

***

映画も本も音楽も量をこなせていないのです。ベストを選出する資格はないくらい。やっぱ経済的に困窮しているのがいかんです。来年はもう少し良い年にしたい