読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NTTdocomoとの闘い

f:id:augtodec:20160201181527j:plain

(画像はイメージです)

どうも、俺です。NTTdocomoの提供するインターネット回線とプロバイダを契約から解約したまでの経緯を記しておきます。

まずは自己紹介

id:augtodecです。音楽と映画、読書感想文のブログを運営しています。人形アニメについてのブログもやってますよ。

puppetanimation.hatenablog.com

1.テレアポ

それでは語っていきましょう。ある日、自宅にインターネット回線をドコモ光、プロバイダをドコモnetにしないかというテレアポによるセールスがありました。回線をNTT西日本フレッツ光、プロバイダをぷららというのを使っていて何不自由なかったし、プロバイダを変えると設定とか面倒だから嫌だと思っていたのだけれど
・今より安くなります
・設定はCD-ROMが付属するから簡単です
とのことだったので、了承しました。この時点で契約したのだと思っている。

2.開通のお知らせ

回線がドコモ光に切り替わりましたというお知らせが来た。けれど、プロバイダに接続する為の設定用CD-ROMは付属していない。忘れてんじゃないの?と電話してみたら
・そのようなCDは付属しません
と のこと。営業のセールストークと違うというを抗議すると「調べます」ということで保留。この時点で「工事が終わっているのでフレッツ光には戻せません」と 言われた。色々調べるとフレッツ光を一度解約すると再契約になって固定電話の番号が変わるということもあるらしい。そんな面倒臭いことは絶対嫌だ。

3.調査結果

お調べした結果
・CD-ROMが付属するとは言ってない
とのこと。そんなはずはないと抗議したが、録音を聞いて確認していると言われた。じゃ、その録音を聞かせてくれと言ったら「そのようなサービスは行っておりません」と取り付く島もない。言った言わないになって泣き寝入り。

4.利用料の問題

仕方ないと思ってドコモネットに接続する為の設定をする。が、分からないことがあってサポートにTEL。話の中で利用料金のことを聞くと1年目はNTT西日本を使っていた時より安いが、2年目からは逆に高くなることが判明。安くなるという売り文句はおかしいのでは?と抗議すると「調べます」とのこと。

5.再調査結果

何度かのやりとりがあってNTT西日本の利用料金と照らし合わせた結果、ドコモの利用料が安くないことが判明して「安くなる」というセールストークは間違いであると認めた。で、NTT西日本での利用形態に戻しますとのこと。(戻せないって言わなかったっけ?)

6.利用料?

ドコモ光+ドコモnetからフレッツ光ぷららに戻しますとの連絡があったが、工事は2カ月先になるとのこと。固定電話の番号は変わらないらしいので一安心。でも、切り替わるまでの間の利用料金は徴収すると言われた。回線については仕方ないが、プロバイダについては全く利用していないので納得いかないと申し出ると「調べます」とのこと。

7.戻りました

結局ドコモの利用料金は払わなくて済みました。元に戻ったからいいようなものの、いらぬ気苦労をさせられて不愉快な気持ちは残ってる。ドコモなんて大会社でも担当者によってにいい加減なことを言うんだなと勉強になりました。納得いかないことがあったら粘り強く言わないと適当に押し切られてしまうというところも大変勉強になりました。

現場からは以上です。

----------------------

 よくある記事の書き方を真似て「あんなの没個性的じゃん」って言おうと思ってたんですが、意外と難しいのね。記事の最初に目次もつけたかったけど断念。あれはあれで努力が必要だということが分かりました。内容はホントのことです。