読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトロー

2012年、米国、クリストファー・マッカリー監督、原題はジャック・リーチャー。
無差別狙撃事件があり元狙撃兵の男が逮捕される。男は尋問でジャック・リーチャーを呼べとだけ伝えるが護送中に暴力を受け、証言出来ないほど大怪我をしてしまう。そこへ消息不明の元軍人ジャック・リーチャーが現れ、犯人の女弁護士と共に真犯人を探すことになる。主役のジャックを演じるのはトム・クルーズ

www.youtube.com

トム・クルーズ演じるジャックは元軍人で憲兵、退役して米国内にはいるが全く消息を残さず暮らしているという設定。この設定が先ず格好良いのだけど、全編トム様が格好良いことしかしないので「ちょっと格好つけ過ぎじゃない?」と思ってしまうのでした。格闘させれば強いし、銃の扱いも最強だし、捜査能力も高い、女弁護士を口説いたりもしないという無敵男前キャラ。やっぱりヒーローというのはちょっとばかし弱点があった方が良いのではないのかなと思ってしまいます。多分シリーズ化を目指してキャラクターを立ち上げたのではないかなという感じがします。

とはいえ、真犯人を探すという謎解きとサスペンス、格闘、銃撃戦、カーチェイスと強いヒーローというアクション娯楽映画に必要なものはたっぷり入ってるので楽しめたのは言うまでもありません。

女弁護士を演じたのは『ゴーン・ガール』で怪演したロザムンド・パイク。本作ではちょっと綺麗なおばさんくらいにしか見えない。この人どうなってんでしょう。

 

アウトロー [DVD]

アウトロー [DVD]