読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親切なクムジャさん

2005年、韓国、パク・チャヌク監督作
幼児誘拐殺人犯の汚名を着せられて13年間服役した女クムジャは、服役中から真犯人にへの復讐を計画し、出所後その目的を果たそうとする。

www.youtube.com

復讐者に憐れみを』(2002年)、『オールド・ボーイ』(2003年)に続く復讐3部作の3作目。 『復讐者に憐れみを』を始めとしてこの3部作は大好物です。本作も映画館で観たはずだけど再観賞。

今観ると物語の筋の運び方はとてもコミカル。刑務所で同房の囚人にどんな恩を売って出所後どんな風に協力を要請するかという個所が戯画的で面白い。逆に言えばリアルでないのですが、楽しめるコミカルさ。そして終盤の残酷さは一転してあまりにも残酷過ぎる。

現代韓国の景色が美しいです。決して小奇麗な舞台ばかりではなくて、薄汚い情景であったりする場面もあるけれど、それでもどの画面も美しい。多分に主演のイ・ヨンエの美しさもあると思うが、筋運びがコミカルなので現代を舞台にしたファンタジーというようにさえ見える。
韓国映画の現代劇(恋愛もの除く)は美しくない景色もちゃんと見せてくれるのが良いと思うな。日本映画もそうであるべきだと思う。

前2作の主要キャストが端役で出演しているのがちょっとニンマリさせられます。