読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイルド・スピード MAX

2009年、米国、ジャスティン・リン監督

www.youtube.com

シリーズ1,2は登場人物と物語が続いていたものの、3で少し外伝的なお話になった。それを、シリーズでおなじみのキャラクターたちが活躍する状態に引き戻したシリーズの要となる作品。

しかし日本車要素は低められて、その代わりにアメ車大活躍。日本車のスポーツカーが主役というシリーズの設定がカーアクション映画に軸足を移した作品でもあると思う。

それでもニッサンスカイラインGTRやスバル・インプレッサが大活躍する。個人的にはちらりとだけ映るシルヴィアS15がシブ過ぎる。

毎回、次のシリーズへとつながるラストシーンが上手い。

ワイルドスピードx3 TOKYO DRIFT

2006年、米国、ジャスティン・リン監督

www.youtube.com

冒頭、米国のハイスクールで、主人公は体育会系の男とのレースに臨むところから物語が始まる。スクールカースト上位で乗ってる車はダッジ・バイパーのジョック、主人公は学校内でも孤立していて車もデカくて古いシボレー。はぐれ者の物語だということを分からせてくれる。

東京に舞台が移っても主人公は居場所を見つけて転々とする。車だけが生きがいのように見えるけれど、様々な鬱屈を車でとばすことによって憂さを晴らしている。
ワイルドスピードシリーズの原点に帰った居場所を失った人間たちが寄り添って生きている姿が描かれる。

日本の景色がとても美しい。日本人を演じている俳優の日本語がカタコトだったり、景色の中に変なカタカナが並んでいたりとガイジンが見た東洋の国というイメージはそこここにあるが、自動販売機や町の景色、車や人など、あまり美しいとはいえないごく普通の日本の情景がそこにある。美的なものばかり描いていてもそれはファンタジーでしかなくて、日常のどうしようもなさをえがいてこそ時代を活写できることを示している。

前2作のシリーズにおける登場人物は一切出てこないかと思わせておいて、シリーズの中の1作であることをほんの短い時間にはっきりと宣言するシーンがある。憎い演出だと思う。

ワイルド・スピードX2

2003年、米国、ジョン・シングルトン監督

www.youtube.com

前作から引き続き出演しているのは、主人公のポール・ウォーカーと黒人のFBI捜査官トム・バリーだけで、他は新たな登場人物で占められている。が、新たな相棒となったタイリース・ギブソンは、後のシリーズで活躍することになり、おとり捜査官のエヴァ・メンデスの色香は特筆すべきものである。

舞台もLAからマイアミに移り、内容も社会の低層の人間を描いた前作から、単純なカーアクションの娯楽作へと進化している。

それでも日本車のスポーツカーが活躍するというコンセプトは維持していて、三菱のランサー・エヴォリューションとエクリプスが大活躍するし、ポール・ウォーカー登場時の愛車は日産スカイラインGTR、デヴォン青木が駆るのはホンダS2000、と車を見ているだけで十二分に楽しい。

その後、シリーズは内省的な『TOKYO DRIFT』へと引き継がれる。