シェイプ・オブ・ウォーター

2018年、米国、ギレルモ・デル・トロ監督作

科学研究所で掃除婦として働く主人公の女性は、秘密の研究施設で半魚人が囚われていることを知る。声を発することができない彼女は、身ぶり手ぶりでその半魚人と交流を持つことになりやがて好意を抱くようになる。しかし研究施設の幹部たちはその半魚人を抹殺しようとする。

www.youtube.com

本作はアカデミー賞で様々な賞を獲得したらしい。

しかしのれなかった。映画のリズムというかノリについていけなかった。なぜなのか自分でもよく分からない。

言葉を発することができない主人公、そして囚われのモンスターというマイノリティの抵抗のお話という主題は嫌いではない。というか好きな部類。

時代設定も60年代のアメリカでそのノスタルジックな光景は良い味をだしてる。

そして美男と美女ではなくモンスターと決して美しいとは言えない普通の女性の恋愛というものも悪くない。

しかし映画を観ている間どうしても映画のリズムにのれなかった。それほど面白いと思えず感情移入もできなかった。なぜなのか分からない。体調だろうか。本当になぜ面白いと思えなかったのかが分からない。謎です。

主演のサリー・ホーキンスPJ Harvey に似てるなとちょっと思った。

www.youtube.com

僕の名前はズッキーニ

2016年、スイス・フランス、クロード・バラス監督作品

母親を失くした9歳の男の子、ズッキーニは孤児院に預けられることになった。しかし其処暮らしている子供たちは皆分けありで暗い過去を引き摺っていた。

最初こそ衝突はあったものの、やがてズッキーニは孤児院での暮らしに慣れていく。そこへ新しく入所してくる女の子がいた。

www.youtube.com

予告編を観てお分かりのように人形アニメーションの作品です。我々が人形アニメーションの映画を観賞する時には、これは人形を動かしてひとコマずつ撮影した映画なのだということを了承しながら観る。膨大な時間と労力をかけて映像が作られているということを意識しながら観る。なので「人形なのにこまやかな演技がなされていて凄い」とか、「コマ撮り撮影なのにこのスペクタクルシーンは驚くべきものだ」という感動がある。つまり人形アニメーションの技術に感動するという点が大いにある。

本作は確かにそういう点でもとても行き届いた映画だと思う。人形の細やかな動き、愛らし表情、手の込んだセット、そのようなものに対する感動は確かにある。

しかし映画を観ているとそのようなことは忘れてしまう。登場人物の子供たちは親が犯罪を犯して刑務所に入っていたり、故国へ送り返されたり、何かしらの悲しい過去を持っている。そんな子供たちが対立し、やがて打ち解け、ついには恋にまでおちる。その様を観ていてどのキャラクターをも好きになる。
恐らく実写映画で同じ物語を作っても同じ感動は得られないだろう。リアルだから。人形が演技することによってファンタジーのような味わいがあり、実在の人間の生臭さが消える。フィルターを通しているような感じ、少しろ過された感じ、浄化されたような感じ。

本作にはファンタジーの要素は皆無だけれど、人形アニメでしか味わえない情感を使って暗い話を明るく可愛く見せてくれる。泣ける人形アニメーションなんて観たのは初めてだと思う。

デトロイト

2018年、米国、キャスリン・ビグロー監督作

1967年、米国デトロイトで起こった大規模な暴動は、警察だけでを鎮圧できずに州兵までが出動する事態になっていた。暴動が発生した夜に、あるモーテルから警官に向けて発射されたおもちゃの銃が切っ掛けでモーテルの客たちは警官から過酷で無法な尋問を受ける。事実を基にした物語。

www.youtube.com

あまり感心しなかった。
米国の暴動が黒人に対する差別的な警察の活動が鬱憤となって累積しそれが爆発したものだということは分かる。そして映画で描かれている黒人少年たちへの白人警官の尋問が常軌を逸していて差別的な行動だということも分かる。しかしあまりにも善と悪、白と黒とに明確に線引きされた描き方はどうなのだろう。その場所で行われたことが、明らかに権力による悪と罪もなき市民が受けた迫害だったのかも知れないが。

歴史的な史実を描くのに現代の基準で善と悪とに明確に区分けしてしまうのは危険、というか簡単過ぎないだろうか。今の常識で問えばそうなのだろうが、過去の問題を現代の物差しで断罪するのは甘過ぎやしないだろうか。
善と悪とにきっぱり分けてしまう物語を簡単に信用することができない。そんなものはマーベル製のヒーローショーでやればいいいのではないだろうか。善にも影があるし悪にもそれなりの理由がある。そういう苦さを描き出した物語の方に奥の深さを感じてしまう。善悪がはっきりしたものは分かり易いのだろうけれど。

陰湿な白人警官を演じたウィル・ポールターが死ぬほど憎たらしい。映画を観ている間吐き気がするほど憎い。これは俳優としては最高の仕事をしたということではないだろうか。素晴らしい。素晴らしく憎い。

www.youtube.com