立ち去った女

2016年、フィリピン、ラヴ・ディアス監督作

1997年、フィリピンの地方の町。女は30年間刑務所に服役していたが真犯人が判明したことで釈放される。犯人は刑務所で親しくしていた女囚で、真相を告白した後自殺していた。しかし黒幕がおり、今は豊かな暮らしをしている元恋人だと知る。出所後実の娘には会えたが息子は行方が知れないという。息子のことを案じつつ元恋人への復讐を企てる彼女は貧しい行商の玉子売りや浮浪者の少女、女装したゲイの男たちと知り合う。そして玉子売りの手引で拳銃を手に入れるのだが…

www.youtube.com


神戸の元町映画館で観賞。
チケット購入時に4時間弱の映画で途中休憩がないと知らされる。知らなかった。そんなに長い映画だなんて。

映画が始まるとハリウッド映画なら割愛するようなシーンが続く。この調子で4時間続くのかと少し憂鬱な気持ちだった。しかし映像の美しさに次第に引き込まれて行く。
予告編の通りモノクロの映像なのだけどそれがとても美しい。超高精細の画像を見せられているようで画面の端から端までくっきりとした像が映し出される。そして白と黒のコントラストが強く、影になった人物の表情は見えないほど。でもその映像が美しい。
そして全てのシーンの奥行きが深い。人物が手前から向こうの方に歩いて行くというシーンでは最初画面からはみだすほどの人影が向こうに行くほど小さくなる。当たり前のことだけれどそれがくっきりと分かる。何百というレイヤーを重ねているよう。たぶん照明の効果で奥行きが表現されているんじゃないだろうか。それとピント。あと構図。色んな効果が使われているのじゃないだろうか。とにかく立体的で映画の中の世界が深いことを見せてくれる。映像が美麗で浮浪者の少女の髪を洗う場面、貧しい家の軒先、うらぶれた街角、そんなシーンさえ美しい。

終盤、主人公の女は息子の消息を辿る為にマニラに赴く。息子の写真を印刷したビラがマニラの裏通りに散乱する場面がただただ続く。この場面はリアルじゃない。本当にありそうな景色じゃない。でも映画だから許せる。許せるというか、こういう異世界のような場面を見せてくれるからこそ映画の意義はある。脚本が、演出が、映像が、リアルであるかどうかにこだわっていると映画の魅力を観損なうことになる。幻想的だから良い映像というのもある。

4時間弱の間退屈する間もなく、このままずっと続けば良いのにとさえ思った。凄い映画。

i-d.vice.com

 

極私的2017ベスト

毎年書いてるので今年も。
■映画
『LA LA LAND』

augtodec.hatenablog.comもうこれしかないでしょう。楽しくてしょうがない映画。音楽と踊りによる映画の楽しさを追求した作品として映画史に残る作品ではないでしょうか。サントラもずっと聴いてるから。
そんなに深いテーマがある映画ではないと思うけれど、主人公を演じたライアン・ゴズリングの人嫌いなところとこか世の中を斜めに見てるところとか彼の底流に漂う孤独感とか、そういうのに魅かれるのかなあ。ただ楽しいだけじゃなく悲しさも描いてるところが良いのかも。今年のベストと言わず2010年代のベストに食いこむ作品だと思います。

次点
ブレードランナー2049』

augtodec.hatenablog.comブレードランナー』を人生のベスト10に入る映画だと思っている人間にとって続編である本作をあげないわけにはいかないです。これも主演はライアン・ゴズリングなんですよね。そして孤独な男の映画だという意味でも『LA LA LAND』と共通してる。
ブレードランナー』は謎の多い作品で、言ってしまえば不完全な作品だけれど、そこが魅力的であった。続編である本作は完璧と言っても良い作品でほころびがない。その点が素晴らしいとも言えるし逆に物足りないとも思わせる。でもあの未来ビジョンは前作を更新したと言えるまさに完璧な続編でした。

映画は他にも『ドリーム』や『ハクソー・リッジ』『ダンケルク』『メッセージ』『バンコクナイツ』と良い作品を沢山観ることができた一年でした。

■読書
『誰が「橋下徹」をつくったか』

augtodec.hatenablog.com橋下徹を知事、市長の地位に押し上げたメディアの狂騒を描いている本。
テレビでもネットでもなんでもいいけれど皆喧嘩を見るのが好きなんですよ。闘争とか抗争とか。炎上とかも同じだと思う。なんか揉め事が好きなの。ワイドショーなんて人の揉め事ばっかりでしょ?
橋下徹というのは揉め事を起こすのが得意な人でそういう人を追っかけて取り上げていれば喧嘩が撮れるんですよ。そういう安易なテレビや報道の作り方をしていたから彼にメディアが取り込まれてしまったのでしょう。
でもこういう人はまた出てくると思う。先の選挙での小池東京都知事なんて橋下がやったことの劣化版でしょう。彼女の政党なんて大阪維新の焼き直しでしかないし。
またこういうことが起きると思う。本書のような書籍を読んでおけば「またか」と思えるから。

次点
『良いテロリストのための教科書』

augtodec.hatenablog.comファシストを名乗る外山恒一氏が日本の新左翼史をネトウヨに向けて分かり易く解説する本。
面白いんですよね。語り口が飄々としていて。
でもネトウヨはこういうのを読まないんだろうな。あいつら支離滅裂だから。


■音楽
Asian Meeting Festival 2017@京都METRO

augtodec.hatenablog.comアジアの前衛音楽家たちが集って即興演奏を繰り広げるライブ。
音楽でも小説でも好きな人がいてそういう人のものを聴いたり読んだりするわけだけれど、そういうことをしているのと同じように知らない人の音楽や本も読みたいのです。できれば自分では手に取らないようなジャンルのものにも触れたい。でも自分でそういうアンテナを広げるのって難しいんですよね。どうしても好きな物から先に手にとってしまうから。知らないものには中々手が出ない。
AMFは知らないアジアの音楽家たちを紹介してくれるという意味でとても功績があったと思います。アジアの前衛音楽家の情報なんてどこにもないから。
2015年から行われていた国際交流基金が主催する今回のような形式での演奏は最期だそうです。惜しいけど。

次点
行松陽介×D.J.Fulltono

augtodec.hatenablog.com京都の『外』というライブハウスに初めて行ったのがこれでした。良い感じの場所でスケジュールなどを見ていても観たいライブが結構あるのだけれど全く行けてないのです。あーまた行きたいなあ、と思ってるので次点。


映画はそこそこ観たけれど、本も読んでないし音楽も聴いてない。みんな貧乏が悪い。生活するのにやっとで贅沢する余裕がない。お金がないということは本当に生活が縮んでしまうものだなと思うのでした。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

2017年、米国、ライアン・ジョンソン監督

エピソード8

youtube.com

マーク・ハミルという俳優を皆はどのように捉えているのだろうか。自分にとっては、初期3部作でルーク・スカイウォーカーを演じた俳優という認識であり、それ以上でもそれ以下でもない。他には『ハンバーガー・ヒル』という戦争映画に出ていたと思っていたがwikipediaを見ると『最前線物語』という映画だったようだ。その映画の記憶もマーク・ハミルの演技もその程度にしか記憶にない。

同じくwikipediaによると彼は『スターウォーズ』以外でも認められる仕事をしてきたようだが極東のささやかな映画ファンにはそのような実感はない。まあ言ってみれば言葉は悪いが『スターウォーズ』だけの一発屋のような印象は拭い去れない。

しかしその一発はかなりでかい。あまりにもでかい。なんせ『スター・ウォーズ』なのだから。初期三部作であるエピソード4,5,6が築いた歴史はあまりにも偉大過ぎてエピソード1,2,3、そして現在公開中のシリーズであるエピソード7,8も初期三部作との整合性を整えるためにありとあらゆる努力と工夫が込められている。

しかしそれももう終わりにしても良いのではないかと思っている。外伝である『ローグ・ワン』はエピソード4の前日譚というもので、当然シリーズとしての辻褄を合せる工夫はしていたもののスターウォーズの設定を使って好き勝手にやった映画として面白く観た。俺が観たかったのはこれだ、とさえ思った。スターウォーズの世界観を使ってルークもレイアもソロも出てこない映画をどんどん作ればいいのにと思った。

本作『最後のジェダイ』は初期三部作に決別を宣言するような作品だと言っていいのではないかと思う。マーク・ハミルが伝説のジェダイルーク・スカイウォーカーとして出演し、その役目を終えた作品だと言えるのではないだろうか。ひげもじゃで老成したルークが戦場に降り立ち、そして去って行く。そういう映画で、映画の出来としては凡作だと思う。しかしやはり本作は必要だったのだろう。ルーク・スカイウォーカーを退場させる為には大作映画が一本必要だ。そのくらいの存在なのだから。

きっと次作のエピソード9で初期三部作とはきっぱりと決別するのだろう。まだスクリーンの中ではキャリー・フィッシャーが演じるレイア姫は生きているのだから。でもまあなんとかうまくやるのだろう。そしてたぶんそいつも観に行くことになるのだろう。

ディズニーはスターウォーズの新シリーズを作ることを宣言しているのでep9以降に新たなスペース・オペラの物語が観られるのではないだろうか。それを楽しみにしている。
でもこの映画を一緒に観に行った連れは「スターウォーズのシリーズというのは初期三部作との関係から外れてはいけない。例えノスタルジーだったとしてもそれで良い」というお考えのようだった。俺としてはそうは思わない。でも映画に求めるものは人それぞれであって良いと思う。