音楽

Asian Meeting Festival 2016

昨年に続いて行われたアジアの雑音、即興、実験、電子音楽家たちの共演。出演者は ・大友良英(日本)総合監督/ギター・dj sniff(香港)香港在だが日本人/キューレーター/ターンテーブル・ユエン・チーワイ(シンガポール)キューレーター/エレクトロニ…

黒狼臥室那卡西/YINGFAN

英語タイトルは『YINGFAN'S BLACKWOLF NAGASHI IN BEDROOM』 Yingfan - Yingfan's Blackwolf Nagashi In Bedroom (CD, Album) at Discogs レコード店でノイズの棚に置いてあったと思うのだけれど、聴いてみるとノイズではない。低級8bitテクノ、無気力ラップ…

Stag Fight/RICHARD RAMIREZ

US、ヒューストンのRICHARD RAMIREZによるノイズ・ミュージック作品。 Black Leather Jesusの名前でも活動している男で、公式Webを見るとプロフィールには“American queer noise artist.”と書かれている。他の場所では“openly gay”と紹介されていたので、同…

MARQUEE MOON/TELEVISION

ニューヨークパンクの名盤、1977年のアルバム Marquee Moon アーティスト: Television 出版社/メーカー: Warner Bros UK 発売日: 1994/06/16 メディア: CD クリック: 8回 この商品を含むブログ (26件) を見る 名盤と云われるものでも聞いたことがないものは…

BLACK MESSIAH/D'ANGELO AND THE VANGUARD

2014年の年間ベストで方々に名を連ねていた、ブラックミュージックのシンガー、ミュージシャンであるD'ANGELOのアルバム。 Black Messiah アーティスト: D'Angelo And The Vanguard 出版社/メーカー: RCA 発売日: 2014/12/23 メディア: CD この商品を含むブ…

極私的2015ベスト

12月も半ばを過ぎたのでよくある今年のベストを ○映画『マッドマックス 怒りのデスロード』 augtodec.hatenablog.com 『マッドマックス2』で20世紀の映画界に近未来荒廃無法終末SFカーアクション映画の金字塔を打ち立てたジョージ・ミラーが、21世になっ…

Psychetronics Erectile/MASONNA

Mademoiselle Anne Sanglante Ou Notre Nymphomanie Auréolé* - Psychetronics Erectile (Vinyl) at Discogs 今後どれほど心揺さぶる盤に出会ったとしても人生の名盤を選べと言われたら必ずベスト5に入る極私的大名盤。日本のノイズミュージックの名作は数…

The S.I.G.I.T.

前にもちょっと紹介しましたけど、The S.I.G.I.T.というバンドが格好良いのですよ。インドネシアのハードロックバンドなんですけどね、ま、聴けば分かる! www.youtube.com敢えてオフィシャルビデオじゃないのを紹介しますけど、これなんてブルースロックで…

SHELLAC@梅田シャングリラ

LIVEに行って来たのです。SHELLACはUSオルタナティブのバンド。誰それ?と思われるかもしれませんが、NIRVANAのラストアルバム『IN UTERO』のプロデューサーだったスティーブ・アルビニが率いるバンドといえばピンとくるかも知れません。自分はSHELLAC以前に…

HIROSHI HASEGAWA & VITALY MAKLAKOV

ロシアのレーベルOstrogaからのカセットテープ、スプリット作品。長谷川洋はノイズユニットASTROの人、Vitaly Maklakovはロシアの人。 長谷川洋はシンセサイザーアンビエント、Maklakovは電子ノイズと言えば良いでしょうか。こんな説明しても到底伝わらない…

ベアーズ電子音響祭Vol.2@難波BEARS

ライブに行って来ました。 7時に行ったらもう始まってて、5時からのライブでした。なので半分ほどしか見てません。申し訳ない。 中林キララオシリペンペンズのギターの人。ギター演奏ではなく電子機材で、サンプリングなのかシンセ音なのかを奏でる電子ア…

kito-mizukumi rouber 他@難波BEARS

LIVEに行ってきました。 orhythmoベース一丁でノイズを奏でる方でした。よくベースだけであんな色んな音が出るもんだなと思うのです。暗いゴシックな感触だったのですが、パーカーのフードをかぶって演奏してたからその印象かな。 ASTRO+Jah ExcretionASTRO…

日本の若手バンド3枚

ハッピーポンコツランド/キュウソネコカミ 2015年知人が面白いというので聴いてみたけれど、その面白さは歌詞によるものじゃないですかね。確かに捻くれてて素直じゃないところは面白いとは思うのだけど、あまり歌詞を重視しない派なので、スイマセンという…

ドラ☆美保@難波BEARS

ライブに行って来ました。 UNDERHAIRZ女子3人組の下ネタラップ。どの曲もバックトラックがフェードアウトして終わるという、どんなに曲が盛り上がっても尻すぼみになるやろという謎仕様が可笑しかった。 クリトリック・リス+河端一(Acid Mothers Temple)ク…

SHISHAMO2/SHISHAMO

日本の女子3ピースロックバンド、SHISHAMOの2015年2ndアルバム SHISHAMO 2 アーティスト: SHISHAMO 出版社/メーカー: GOOD CREATORS RECORDS 発売日: 2015/03/04 メディア: CD この商品を含むブログを見る ラジオで一時期『君と夏フェス』がよく流れていて、…

SOUND FOR THE MASSES/V.A.

アジアのノイズ、コンピレーションカセット 収録されているミュージシャンはODA takumi(日本)Torturing Nurse(中国)Rohco(日本)Nguyen Hong Giang(ベトナム)の4人以下は短い感想 L.B.H/ODA takumiMSBRを思わせるような大きく重い物が通過して行くような音…

インドネシアン・ロック

インドネシアのロックをネットで漁っているのでSoundCloudから幾つか紹介してみます。 Naviculaバリ島のパンクバンド。PUNKらしく政治的なことをうたっているみたい。重さがあってメロディアスでもあり格好良いです。 soundcloud.com PeeWeeGaskinsきゃりー…

日本のHIPHOP

少し前から日本のHIPHOPが気になってMixCloudなんかで聴いています。 こんなのとか Japanese Hiphop mix -'90~'12- by Dai1216 on Mixcloud www.mixcloud.com こんなのとか 日本語ラップ MIX by DJYUTARO -Japanese HipHop,Rap- by Dj Yutaro on Mixcloud w…

DENGUE FEVER

先般、大友良英さんのラジオ番組でデング・フィーヴァーというバンドが紹介されていて、気になったのでSound Cloudで聴いています。カンボジア人の女性をVoに据えたアメリカのバンドでカンボジアの60~70年代の歌謡曲を基とした楽曲を奏でています。詳しくは…

神が喜んでる結婚は日本とイスラエルからの究極、ノイズ、そして恐怖/V.A.

日本とイスラエルのノイズコンピレーションアルバム Various - What Pleasing The Lord Looks Like-Marriage: Extreme, Noise...and Terror From Japan & Israel (CD) at Discogs 収録されているバンドは*Ryokuchi Cadver Eyes*Zenocide LietterSchpichDiet*…

SHELLAC!!!

SHELLAC、22年ぶりの来日公演決定!MONOとのダブルヘッドライナー・ツアーで11月に公演! おおおおお!!!!!!

MUSE IN ARMS/TRIARII

ドイツのマーシャル・インダストリアルのユニットTRIARIIのCD マーシャル・インダストリアルというのは戦争を想起させるようなものを指すジャンルらしい。そんなのがあるって知らなかった。確かにやたらと荘厳で 戦争の記録映画のBGMに流れてそうな…

東京殴り込みライヴ/河内音頭 三音会オールスターズ

http://www.dommune.com/ele-king/review/album/001806/ 河内音頭の実況録音盤、1983(?)、LPレコード 民族音楽を色々と聴いているので、日本のものをと思って。 リンク先では静岡出身の評者(野田努さん)が河内音頭を発見したという感じに仰っています。こ…

ニッポンの音楽/佐々木敦 著

先般読んだ演歌の歴史が興味深く、日本の歌謡史みたいな本が面白いと分かったので続けて読んでみた。 ニッポンの音楽 (講談社現代新書) 作者: 佐々木敦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/12/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (12件) を見る J-PO…

創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史/輪島裕介 著

日本の歌謡史みたいな本って読んだことないなと思って読んでみた。 「演歌は日本の心」というような言説に対して、はたしてそうなのか、その歴史をひもといて解説する本。 創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史 (光文社新書) 作者: 輪島…

BORIS+ENDON@心斎橋CONPASS

完全に耳をやられた。

チベット仏教音楽の神髄

70年代のチベット寺院での実況録音盤。ラ イナーでは触れられていないので楽器のことは一切謎。ホルンや銅鑼やシンバルの様な音で奏でられる音楽は現代音楽のよう。音の響きが物凄く、広大な空間で 鳴ってるのが分かる。経の朗唱は数人若しくは十数人の男の…

GAMELAN DEGUNG BULAN DAGOAN/GENTRA PASUNDAN

インドネシアはバリの民族音楽、ガムランの演奏集。スローテンポで笛の音を主役においたガムラン。ライナーにヒーリングミュージック云々と書かれ ているので、それに見合った選曲なのだろうと思う。ちょっと好きなタイプとは違うかな。もっと打楽器の音が粒…

The Instrumental music Of Mongolia/V.A.

モンゴルの器楽集。ヘルホール(口琴)、リンベ(笛)、モリンホール(馬頭琴)、ヨーチン(揚琴)等々、名前を聞いても弦楽器なのか打楽器なのかも分からないまま聴いてみる。聴けば分かるさ。中 国の隣国でもあるのでやはり中国の音楽に似ているとは思うけ…

Mohlam of Siiphandom/Wannaa Keopidom

ラオスの民謡、モーラムの歌唱集。ケーンというラオスの笙(しょう:管楽器の一種)をバックに奏で られる歌。なんだか沖縄の音楽に似た響きを感じて、連続カチャーシーという沖縄の民謡を思い出した。ただ、歌というよりは朗唱という感じで、楽器に合わせ …