読書

お盆の間に読んだり見たりしたもの

K氏の大阪弁ブンガク論/江弘毅 著大阪弁を駆使する作家たちの著作を取り上げ論じる本。 K氏の大阪弁ブンガク論 作者: 江弘毅 出版社/メーカー: ミシマ社 発売日: 2018/06/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 取り上げられてい…

独裁者のためのハンドブック/ブルース・ブエノ・デ・メスキータ&アラスター・スミス 著

独裁者は如何なる動機、如何なる方法で国を統治しようとするかを考察する書籍。 独裁者のためのハンドブック (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ) 作者: ブルース・ブエノ・デ・メスキータ,アラスター・スミス,四本健二,浅野宜之 出版社/メーカー: 亜…

美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道/春日太一 著

岩下志麻さんにインタビューし、過去の出演作からその女優としての経歴をひもとく一冊。 美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道 作者: 春日太一 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/02/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 「好きな女…

東の果て、夜へ/ビル・ビバリー 著

ロス・アンジェルスの片隅でギャングの一味として麻薬を売買する「家」の見張りを担っていた15歳の黒人少年イーストは、ボスに命じられて組織の邪魔になる男を殺す役目を命じられる。4人組となった少年たちは北米大陸の東へ人を殺す旅にでる。 東の果て、夜…

コードネーム・ヴェリティ/エリザベス・ウェイン 著

第二次大戦時、ナチス占領下のフランスに潜入していた英国の女性スパイが囚われる。ナチスによって過酷な尋問を受ける彼女は、尋問に応える代わりに小説めいたものを書き始める。それは彼女の親友である民間飛行士の女性パイロットの物語だった。しかしその…

明るい夜にでかけて/佐藤多佳子 著

トラブルを抱え大学を休学し、生活をリセットする為に親元から離れて深夜のコンビニで働く主人公の男子は深夜ラジオのファンで、かつてはちょっと名の知れたハガキ職人だった。彼の元へ同じく深夜ラジオ好きの級友や風変わりな女子高生、ニコニコ動画で歌を…

アベノミクスによろしく/明石順平 著

アベノミクスに関する批判的解説本。 アベノミクスによろしく (インターナショナル新書) 作者: 明石順平 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル 発売日: 2017/10/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 残念ながら経済に関する文章を読んでその…

オービタル・クラウド/藤井太洋 著

2020年の日本、流れ星の観測サイトを運営している青年は、イランの打ち上げたロケットの切り離された2段目の残骸<サフィール3>が大気圏に落下することなく高度を上げていることに気付く。これを切っ掛けに国際的な事件に巻き込まれていく。 オービタル・ク…

極私的2017ベスト

毎年書いてるので今年も。■映画『LA LA LAND』 augtodec.hatenablog.comもうこれしかないでしょう。楽しくてしょうがない映画。音楽と踊りによる映画の楽しさを追求した作品として映画史に残る作品ではないでしょうか。サントラもずっと聴いてるから。そんな…

良いテロリストのための教科書/外山恒一 著

現代のファシスト、外山恒一氏が語る日本の新左翼史。 良いテロリストのための教科書 作者: 外山恒一 出版社/メーカー: 青林堂 発売日: 2017/09/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 外山恒一氏を2007年の東京都知事選で…

大阪的/津村記久子・江弘毅 著

大阪在住の作家、津村記久子さんとMeetsRegionalの元編集長、江弘毅さんが語る大阪について。 大阪的 (コーヒーと一冊) 作者: 江弘毅,津村記久子 出版社/メーカー: ミシマ社 発売日: 2017/03/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件…

誰が「橋下徹」をつくったか/松本創 著

一介の弁護士から大阪府知事、大阪市長を歴任し、今もその発言が話題になる橋下徹という政治家のメディアとの関係を描くノンフィクション。 誰が「橋下徹」をつくったか ―大阪都構想とメディアの迷走 作者: 松本創 出版社/メーカー: 140B 発売日: 2015/11/13…

感情化する社会/大塚英志 著

感情化する社会 作者: 大塚英志 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2016/09/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 文芸批評のような本で、端的に言えばつまらなかった。 文芸を通して社会を見ることを否定はしないが、現…

極私的2016ベスト

年末なので今年のベストを ■映画『インサイド・ヘッド』 augtodec.hatenablog.comいきなり2015年公開作品でビデオ鑑賞なんですけど、これを挙げずして2016は語れない。もうボロ泣き。落涙。嗚咽。泣き過ぎて最期の方はしゃっくり。それぐらいの涙。ピクサー…

いま世界の哲学者が考えていること/岡本裕一朗 著

書名の通り、世界の哲学者たちは今どんな問題に取り組んでいるのかを紹介する本。 いま世界の哲学者が考えていること 作者: 岡本裕一朗 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/09/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 目次を列記する…

きみの言い訳は最高の芸術/最果タヒ 著

詩人である著者による随筆集 きみの言い訳は最高の芸術 作者: 最果タヒ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/11/04 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 少し前にとある音楽家が「音楽に罪は無い」とtwitterでつぶやいていた。確かに罪はな…

軽率の曖昧な軽さ/中原昌也 著

中原昌也の最新小説集 軽率の曖昧な軽さ 作者: 中原昌也 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/01/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る とても心地よい小説群でした。ぽかぽかとしたお昼間の柔らかい日差しが差し込む居間で、エス…

EUROPE CALLING/ブレイディみかこ 著

英国で保育士として働く女性による、労働者階級の目線から見た現代の英国、ヨーロッパの政治状況を語る一冊。 ヨーロッパ・コーリング――地べたからのポリティカル・レポート 作者: ブレイディみかこ 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/06/23 メディア:…

創作の極意と掟/筒井康隆 著

多数の項目を挙げて、小説を書く為の心得を記した一冊。 創作の極意と掟 作者: 筒井康隆 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/02/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (30件) を見る 例えば、『羅列』という項では 清涼飲料水の空瓶、紙コップ、新聞…

スピード/石丸元章 著

取材と称して覚醒剤の世界を克明に記す薬物体験記 SPEEDスピード 作者: 石丸元章 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/09/20 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 覚醒剤その他にまつわる薬物の実録体験記なんですけど、その圧力が凄い…

ビニール傘/岸政彦 著

新潮9月号を読みました。 新潮 2016年 09 月号 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/08/06 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (3件) を見る 岸政彦さんの『ビニール傘』という短編が掲載されていました。冒頭だけ読めるみたいなので読んでみて欲しいで…

人口論/マルサス 著

18世紀末の英国人による人口に関する考察。 人口論 (光文社古典新訳文庫) 作者: マルサス 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2013/12/20 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る マルサスは本書の中で 人口は、何の抑制もなければ等比級数的に増加す…

彼女がエスパーだったころ/宮内悠介 著

SFのような、そうでないような不思議な連作短編集 彼女がエスパーだったころ 作者: 宮内悠介 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/04/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 物語は記者である主人公が不思議な事件を取材…

保守の本分/noiehoie 著

『日本会議の研究』で話題の菅野完さんのnoiehoie名義による、ネット右翼とは果たして本当に右翼なのか?保守主義者なのか?という考察。 保守の本分 (扶桑社新書) 作者: noiehoie 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2013/08/31 メディア: 新書 この商品を含…

「憲法改正」の真実/樋口陽一、小林節 著

護憲派の樋口氏、改憲派の小林氏、二人の法学者の対談による自民党の憲法改正草案の分析とその危険性を解読する本。 「憲法改正」の真実 (集英社新書) 作者: 樋口陽一,小林節 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/03/17 メディア: 新書 この商品を含むブロ…

日本会議の研究/菅野完 著

現在の安倍自民党政権に影響力をもつと云われている日本会議という団体はどのようなものなのか、その姿を浮き彫りにする本。 日本会議の研究 (扶桑社新書) 作者: 菅野完 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2016/04/30 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1…

六つの星星/川上未映子 著

小説家の川上未映子による科学者、文筆家、哲学者ら6人との対談集。 六つの星星―川上未映子対話集 (文春文庫) 作者: 川上未映子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/09/04 メディア: 文庫 クリック: 3回 この商品を含むブログ (12件) を見る 「プロレス…

叛逆航路/アン・レッキー 著

“ブレクは宇宙戦艦のAIであり、その人格を4000人の肉体に転写して共有する生体兵器「属体」を操る存在だった。だが最後の任務で裏切りに遇い、艦も大切な人も失ってしまう。ただ一人の属体となって生き延びたブレクは復讐を誓う。” 叛逆航路 (創元SF文庫) …

路地裏の資本主義/平川克美 著

資本主義にまつわる、実際の小企業経営者としての著者の考察。 路地裏の資本主義 (角川SSC新書) 作者: 平川克美 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川マガジンズ 発売日: 2014/09/10 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 面白い論考がある本でした…

ごはんぐるり/西 加奈子 著

小説家、西加奈子さんの食に纏わる随筆集。 ごはんぐるり (文春文庫) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/02/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 西加奈子さんの作品は2,3作読んだことがあるはず。あまり一人の作家を追い…