読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキャナーズ

1981年、カナダ、デヴィッド・クローネンバーグ監督作
人間の心を読み相手を自在に操れる超能力者スキャナーを巡る陰謀とスキャナー同志の闘いの物語。

www.youtube.com

リストア版というものを観ました。だから画質が綺麗だったのかなあ。81年の映画なのにもの凄くクリアな映像でした。そし画面に格がある。クローネンバーグの映画というのはそれほどファンというわけでもないのだけれど、新作が公開される度に話題になって評価も高いので見ておかないとという気分にさせられるので幾つかは見ている。
この作品もクローネンバーグ初期の作品ということで名作の誉れの高い作品だけど、不穏な空気が滲みまくっていて、やはり評価が高いのが頷ける。不安になるんですよね、観てると。
その不安は音の影響からくるものも大きいような気がします。音楽もそうなのだけど、音の無い場面というのが多い。ずっと何かしらのBGMが鳴ってるような映画は少し鬱陶しいでしょう。音の空白の部分が多くてそれが、言い様の無い空虚さみたいなムードを醸し出してる。こういう静かな映画は好きです。

超能力者の対決はお互いの心を読む、という映画的に地味にならざるを得ない闘いを派手に演出してるのが素晴らしいです。役者の演技に依るところが多いけれど、どれも熱演で、悪役のマイケル・アイアンサイドが良いんですよね。この人沢山映画に出てるけど名作『スターシップ・トゥルーパーズ』が印象深いです。ポール・バーホーベンのバカ映画だけど名作です。

最初のスキャナー対決で頭が吹っ飛ぶ場面は、ルネ・マグリットの『快楽原則』ですよね。

f:id:augtodec:20170510214647j:plain

ワイルド・スピード ICE BREAK

2017年、米国、 F・ゲイリー・グレイ監督

www.youtube.com

やり過ぎなんじゃないでしょうか。

前作『SKY MISSION』から秘密組織の別働隊みたいな扱いになってきて、アウトローから公権力側になってるんですよね。なんだか初期シリーズにあったやさぐれ感が薄くなってるんです。全部カート・ラッセルが悪いと思います。カートのせい。この人大好きだけどリアルさという意味では向いてないんじゃないでしょうか。カート・ラッセルが出てくると現実の世界が舞台のような気がしないから。『NY1997』のイメージが強過ぎるのかも知れんけど。

対して、前作で悪役として出て来たジェイソン・ステイサムが良い味出してます。この人が出てくるシーンは何だか心躍るものがある。終盤の飛行機の中での大立ち回りもそこここにギャグが埋め込まれていて英国紳士だなーと思います。

全体的に車で追いかけっこしなければならない必然性が少ないんじゃないでしょうかね。ワイスピシリーズはカーアクションの映画なわけで、カーチェイスをするにはそれなりの理由がいる。軍隊みたいな組織の外注をやってることになってるんだからヘリでも飛行機でも登場させられるわけで、それを車で追わないといけない必然性みたいなのは感じさせて欲しいのです。なんで車で追っかけるの?ヘリ出せばいいやん、と思ったら負け。

それでもNY市街でのカーチェイスは見所満載だし、雪原を走るランボルギーニという異様な絵柄は感動的でもある。でもカーチェイスはやっぱり市街地でやるから面白いと思うんですよね。悪くないけど。

このシリーズ、最後の場面で次回作に繋がる場面がちらりと明かさせる、というのがお楽しみなのですが、前作ではそれがなかった。今作ではどうなのかとエンドタイトルが始まってもお客さんが誰も席を立たなかったのはそれが有るかもしれないという期待だったと思うのだけど、その期待は裏切られたのでした。

ワイルド・スピード SKY MISSION

2015年、米国、ジェームズ・ワン監督

www.youtube.com

おなじみのキャラクターたちで構成されたファミリーの面々は、前作では国際警察に悪者を捕まえる手助けを依頼されたわけですが、今回は軍(?)の秘密組織みたいなところから色々依頼されます。もう秘密戦隊っぽくなってる。
空を飛ぶ飛行機から出撃するわ、無人機からロケットで攻撃されるわ、相手はテロリストだわ、ともうどこまでこの作品はいくのでしょうか。

本作で一番大事なのはブライアンを演じるポール・ウォーカーの遺作であること。撮影半ばで交通事故により亡くなってしまいました。ポール・ウォーカーはこのシリーズでは『x3 TOKYO DRIFT』以外には全て出演していて、ドム(ヴィン・ディーゼル)とポールウォーカーの二人が主役のシリーズだったわけで、彼がいなくなると本作はどうなるのか、と言われていましたが、CGなども含めて上手くお話をまとめています。

監督が3,4,5,6と続いたジャスティン・リンからジェームズ・ワンに変わったせいもあるのか過去作からの引用や繋がりは少し薄めですが、それでも辻褄が合うように色々と仕掛けはあります。

ラストシーンでは次回作に対する繋ぎが登場するこのシリーズですが、本作ではその点は見られません。それでもポール・ウォーカーヴィン・ディーゼルの別れと回想シーンではシリーズを通して見てきた者にとっては落涙必至。こんなん泣いてまうやろの世界。

 

ということで、ワイルド・スピードシリーズの復習も済んだので現在公開中の8作目『ICE BREAK』を観に行ってきます。