読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいNEWネオ室町/踊る!ディスコ室町

音楽

 

新しいNEWネオ室町

新しいNEWネオ室町

 

 踊る!ディスコ室町は京都のファンク・バンド。名前が印象的で気になってたので聴いてみました。
聴いてみて思うのはファンクってテクニカルな音楽だなあということ。ドラムやパーカッションといったリズムを奏でる楽器以外は音階を表現する為にあるけれども、ファンクではそれらが全て、刻んだり、止めたりすることでリズムを奏でる楽器になる。全ての楽器はリズムの為にある、って感じ。即興音楽などを除いて、普通は音楽を構成するのに、アンサンブルが成り立つには全ての楽器のリズムが合っていることが必要だけれど、それをリズム強化の面で推し進めた音楽がファンクなのだと感じる。ノーテクではできないですよね。

でもテクニカルな音楽に背を向けていたのですよね。パンクが好きで、パンクって初期衝動、若気の至り全開の音楽でしょう。それを音楽的に稚拙だなんて批判に対して「あほか」と思ってて、どんどんノーテクニックな方向が好きになった。ガレージパンクが好きになったのもそうだし、ノイズが好きになったのもこれこそノーテクニックの究極だと思ったから。今はパンクにもノイズにも技巧やセンスの巧拙はあるとは思うけど。
少し前にプログレが好きだという人に会って、俺ってホントあーゆー技巧の必要な音楽に背を向けてきて損してたなあと反省したのです。

本作はそんなファンクの気持ち良さが味わえる作品。テクニック云々なんて考えなくても体が動けばいいんですよね。考えるな感じるんだ!って感じ。ライブに行きたい。

www.youtube.com

保存

保存

あなたを待っています

映画

2016年、日本、いまおかしんじ監督作
アルバイトをしながらだらだら暮らす青年、西岡は地震原発で東京は危険だと考えていて脱出を夢見ながらだらだら過ごしている。

f:id:augtodec:20170208210550j:plain

https://www.mmjp.or.jp/pole2/2016/anatawomatteimasu/anatawomatteimasu.html

漫画家いましろたかしの企画・原案ということでいましろファンは、のこのこ京都まで映画を観に行ったのです。

主人公は何をしている人なのか分からない。冒頭で何かそれらしい会話があったけど聞き取れなかった。居酒屋の皿洗いと交通警備のバイトで暮らしている人だが、何もしていない人という形容が良かろうかと思う。ただ友人と酒を飲んで吐いてずるずると毎日暮らしている。
話の本筋は、駅前で「あなたを待っています」と書いた紙を首からぶら下げた女と、彼女の助けになりたいと思う主人公の話ではあるが、それはどうでもいい。それよりもスナックのママにヤらせてくれと言って説教される場面の方が愛おしい。

たぶん恐らくもしかして、そういうどうしようもない感じの可笑しさを表現したかった映画なのだと思う。いましろ漫画にあるような、どうでもいい何てことのない無駄と言えば無駄な、でもそこはかとなく可笑しい、そんな雰囲気の漂う映画を作ろうとしていたのではないかと思う。そしてそれは成功の一歩手前まで辿り着いているような気がする。

しかし主人公が女を助けようとする辺りから彼に意志が見え始める。ただぐずぐず暮らしていた男が何かを成し遂げようとするところに目的が現れる。そうするとずるずる暮らしていることが否定的に見え始める。目的や意志はぐだぐだとは相性が悪いのだ。

いましろ氏によると

 『タクシードライバー』が元ネタで、かわいそうな女の人を勝手に助けたら自分が気持ちよくなるかなって」と

大橋裕之が主演映画で「ギャラもらってない」と、いましろたかしら制作陣にぼやく - コミックナタリー

 らしい。確かにいましろ版タクシードライバーと言える。トラヴィスと違うのはベトナム帰りじゃないってことぐらいだ。

面白かったかと聞かれればそんなに面白いとは思わなかった。でももっと面白くできるはず。いましろ映画の次作に期待します。

www.youtube.com

保存

保存

この世界の在り方@芦屋市立美術博物館

美術

芦屋市立美術博物館で『この世界の在り方』という展覧会を観てきました。

f:id:augtodec:20170118164105j:plain

あまり内容を知らずに観に行ったのですが、現代美術というやつですね。
1Fホールには床一面に同心円状に並べられた黄色い貝が並べられていて「なんじゃこれは」と思ったらそれも作品なのだそうです。他にも真っ暗の展示室で物音と抽象的な映像が流れる展示やガラスに落ちる雨粒の様子が延々と流れる映像作品など「なんじゃこれは」の連続でした。

現代美術が好きってわけでもないのですが、わけの分からんものは好きです。美術に詳しい人からすればそこに意味や技巧を読みとれるのかも知れないけれど、そういうのは素人には分からない。しかし作品を見てなんだか心地良い、なぜだか面白いと思えるものもあって、それは作者が巧妙に感性に訴えかけるように作り上げているということなのでしょう。美術作品を見るのに知識はあった方が良いだろうけど、感受性だけで判断するのもありだと思ってるので。

それとわけの分からなさというのは言語化できないってことなので、何も感じていないわけじゃない。意味は読みとれないけれど、何かしらの不思議な感覚は心の中に湧き起こってる。言葉で表現できるなら文章で表現すればいいのであって、文章では伝えられない情感を伝えることに文章以外の表現は意味がある。楽しいでも美しいでも心地良いでもない何かしらの感覚が湧きおこればそれで作品の存在価値はある。その感覚が好きかどうかは別の話だけど。無意味でも良いものはある。

一番面白いと思ったのは、A4くらいの紙にただ文章が書いてあるだけの展示でした。手書きの日本語で、なんてことない文章なのだけど、文章を考えた人と字を書いた人は違うということが書いてあります。手書きって文章と共にその文字を見て書いた人柄を想像するんですよね。でも文章が示す意味から連想する人柄とその文字が表す人柄は違うということが分かるだけで奇妙な違和感がありました。なんでこんなこと考えるんでしょうね。でもその変な感じが面白いです。

 

 

保存

保存